自動車のコスト

車を持つなら知っておきたい、維持費を安く済ませる5つの方法

つちまる(@tcdtkhs)です。

車の維持費ってめちゃくちゃ掛かりますよね。

本体も高いしそれに加えてガソリン、車検、保険、税金諸々。。。

家計簿を見るたびに頭を抱えている方は少なくないのではないでしょうか。

「じゃあ車手放せばいいじゃん」と思われそうなところですが、地方に住んでいる人にとっては車は生活必需品となるもの。

そのため「車を手放すかどうか」、ではなく「いかにして車の維持費を安く抑えるか」について考えないといけないのです。

今回の記事は、車のコストに悩んでいるあなたに向けた、維持費を安くする方法を紹介していきます。

これらをすべて実行すれば、○○万円も安くすることが出来るかもしれませんよ。

<車の維持費を節約できる項目>

  • 自動車保険
  • ガソリン代
  • 自動車税
  • 車検
  • タイヤ代
  • 自動車ローン

自動車の所有コストはいくら??

まず自動車を所有するだけでいったいいくらかけているか、と言う点についてです。

ぼくの実際の支出を基に計算していきますが、1500㏄・普通車(2016年式CX-3)の場合だと2年間で35万円も掛かっています。

軽自動車への乗り換えいくら節約できる!?維持費を普通車と比較してみた自動車の維持費に毎月発狂しております、つちまる@tcdtkhsです。 「生活に車は欠かせない、けど車の維持費が高いよー」そう悩まれ...

2年間にかかる自動車の維持費

普通車(CX-3)
ガソリン代(軽油) 102,336円(4,264/月×24)
自賠責保険 25,830円(/2年)
自動車税 79,000円(34,500/年×2)
自動車保険(任意保険) 110,980円(55,490円/年×2)※
車検(回/2年) 40,000円(/2年)
合計金額(4年間) 348,146円/2年

 

ちなみにこれらの金額は、これから説明する節約術をすべて活用したうえでの金額です。

つまり、何の対策もしない場合だともっと多額のお金を支払っていることになるかもしれません。

と言うわけでここからは、自動車の維持費を抑えるための節約術を5つ説明していきますね。

節約術1.ガソリン代の支払いは専用カードを使う

まず最初に紹介する方法はガソリンを安く買うことについて。

安くするためにやることはたった一つ、ガソリン支払いの専用カードを発行することです。

車によく乗るあなたなら、一軒や二軒は行きつけのガソリンスタンドがあると思います。

そこで使う専用のカードを発行すれば、どんどん高騰していくガソリン代も少しは節約できるようになりますよ。

ENEOS、出光、昭和シェルで一番ガソリンを安く買える方法のまとめ「ガソリンもっと安くならないの??」こんな不満を言いたくなることってありますよね。 車を持っている人にとって、ガソリン代は死活問題...

各ブランドごとにおススメのクレジットカード

ちなみにガソリンスタンド大手のENEOS、昭和シェル、出光興産ではそれぞれ以下のカードで支払うのが一番お得となります。

<主要ガソリンスタンドで使える専用カード>

これらのカードを使えば、かなりお得に給油が出来るようになります。

ちなみにぼくは行きつけのガソリンスタンドがエネオスなのでENEOSカードを活用していますが、試算してみたところ半年間で1,350円も節約できていることが分かりました。

ENEOSカードの利用でいくら節約できる??お得に活用する方法・他割引サービスについてまとめ毎日車に乗らないといけないような地域にお住まいの方にとって、ガソリン代は気にせざるを得ない項目の一つですよね。 そんなぼくもその一...

宇佐美会員を併用すれば、更に割引になる

更に宇佐美と提携しているガソリンスタンドで宇佐美の会員登録をしていれば、そこからさらにガソリンが安くなります。

還元率はガソリン1ℓごとに1円相当のポイント。

単体の還元率としては高くないですが、積み上げると地味に効果が出る節約なので、もし近所に宇佐美と提携しているガソリンスタンドがあるなら、会員登録しておいたほうがお得になりますよ。

宇佐美のガソリンスタンドでUsappyカードを利用すればいくらお得になるのか検証してみた毎日車に乗る人にとっては、ガソリン代がかなりかさみますよね。 そのガソリン代を少しでも安くできないものか、と思われる方は多いでしょ...

節約術2.自動車保険は相見積もりを取る

次に紹介する節約は自動車保険について。

この記事を読んでいるあなたも自動車保険に加入していると思いますが、どうやってそれは選びましたか??

有名な保険会社で適当に加入したというのであれば、かなり損しているかもしれません。

自動車保険に加入するときは必ず相見積もりを取るようにしないと、知らないうちに高い料金を支払っているかもしれません。

見積もりを取るならインズウェブの一括見積サービスを利用しよう

自動車保険の見積もりを取るならインズウェブの一括見積サービスを利用するのがオススメです。

ぼくも実際にこちらで相見積もりを取ったのですが、以前契約していた業者よりも年間5千円ほど安く済む業者を見つけることが出来ました。

所要時間はたったの5分、それだけで数千円も安くなるので、自動車保険の相見積もりは非常にコスパのいい節約術なのです。

一括見積サービスで自動車保険を見直す

車本体に思い入れが無いのなら車両保険を外すだけで1万円安くなることも

自動車保険料を安くするのに相見積もりは必須ですが、それだけでは不十分です。

不要なサービスは外す、これも保険料を安くするための鉄則です。

例えば車両保険、あなたが今の車に思い入れがあるのならあってもいいかもしれませんが、

そんなに満足の行く車に乗っていないのなら車両保険は外した方がいいです。

実際に車両保険を外すだけで年間で1万円以上安くなります。

この他にもあなたにとって不要なサービスがあるかもしれません。

なので自分にとって本当に必要なサービスは一体何なのか、調べながら組み合わせていきましょうね。

20代独身、自動車保険はこうやって選ぼう!必要な補償・不要な補償についてまとめてみた自動車をお持ちの皆さん、自動車保険には加入していますか? ぼくはちゃんと加入しています。 「実は加入していない人」や「加入し...

節約術3.車検は「楽天車検」を利用して相見積もりを取って安くしよう

続いて紹介するのは2年に一度やってくる、車検を安く抑える方法について。

以前の記事でも紹介しましたが、ぼくは楽天車検を利用したおかげでかなり安く済ませることが出来ました。

【楽天車検】車検を安く済ませたい、カード払いしたいならちゃんと業者を比較しよう前回の車検ではろくに調べずに選んだ業者で14万円も支払いました、つちまる@tcdtkhsです。 さていきなり質問ですが、車を持って...

何件か相見積もりを取ったのですが、2万円も差が出るくらいなので使わないと損なんですよね。

そのうえ業者によっては事前に見積もりをもらえずに、検査完了後に金額掲示してくる場合も少なくないようですし。

車検業者を見つけ出すのに10分ほど掛かってしまった上に実際に業者さんのところへ足を運ぶという手間が生じてしまいましたが、その手間で2万円も節約できたというのは非常に大きい金額です。

ルリまる
ルリまる
つちまるは2万円あったら何に使うかな??
つちまる
つちまる
新しい座椅子が欲しい!

節約術4.タイヤはオールシーズンタイヤを活用する

タイヤもまた、家計簿を圧迫する要因の一つですよね。

さらに冬になると悩まされるのがスタッドレスタイヤへの履き替えだと思います。

雪が降らない地域に住んでいても道路が凍結した際の対策として履く必要が出てきますし、スノボなどで積雪地に遊びに行くような人は大きな事故の元になってしまいます。

そんなタイヤのコストで悩んでいるのであれば、オールシーズンタイヤにしてみてはどうでしょうか。

もうスタッドレスタイヤは不要!オールシーズンタイヤを履いて車の維持費を抑えようもう季節が変わるごとにタイヤの履き替えはしなくていい、そんな話があったら聞いてみたくないですか? 車を持つと、住んでいる地域によっ...

夏でも冬でも使えるオールシーズンタイヤとは

オールシーズンタイヤとは、名前の通り夏から冬まで使えるタイヤのことです。

スタッドレスほど強力ではないのですが、積雪地でもちゃんとスリップ防止してくれる、

さらに雨の日・湿った路面でも滑ることなく走ることができる万能型のタイヤなのです。

サマータイヤ スタッドレスタイヤ オールシーズンタイヤ
乾いた路面
湿った路面
積雪 ×
アイスバーン ×

参照:[メリット・デメリット]オールシーズンタイヤの性能比較|株式会社相広タイヤ商会

サマータイヤほど乾いた路面に適してるわけでもなく、スタッドレスタイヤほど積雪下で効果を発揮するわけでもないのですが、

積雪地でもない地域に住んでいる方にとってはタイヤ代を節約する一つの選択肢としてはおすすめです。

<節約できる工賃>

  • タイヤを履き替えるのにかかる工賃
  • タイヤを保管するのにかかる費用

アイスバーンには不向き、オールシーズンタイヤはやめておこう

シーズン問わず様々な路面に適応できるオールシーズンタイヤですが、上の表を見ての通り積雪下では一定の力を発揮するものの、アイスバーンのところでは難ありという感じです。

と言うことを考えると、常時積雪している地域に住んでいる方はオールシーズンタイヤはやめた方がいいでしょう。

ぼくが住んでいる地域は気温が氷点下まで下がるものの、道路が凍結するわけでもなく、降雪の頻度も東京と同じくらいの地域なのでオールシーズンタイヤにしています。

しかし、いつ凍結路面に遭遇するか分からない雪国で毎日走ることを考えると、オールシーズンタイヤで走るというのはリスクが大きいです。

なので、雪がよく積もる地域に住まれてる方は、諦めてスタッドレスタイヤを履いた方がいいでしょうね。

節約術5.自動車税はYahoo!公金払いなどを利用してクレカ払いにする

些細な節約ですが、自動車税をクレカで支払うのも立派な節約術の一つです。

ぼくはYahoo!公金払いを活用して、クレカのポイント還元で自動車税を少しだけ軽くしました。

税金はクレジットカード払いでお得になる!カード払いをする3つの方法つちまる@tcdtkhsです。 自動車を所有するぼくにとって、もうすぐ待ちに待ったイベントがやって来ます。 そう、自動車税の...

Yahoo!公金払いだと手数料がいくらか掛かってしまうので、やや節約額は少なくなってしまうのですが、自宅にいながら納税が出来るのがポイント。

手数料すら掛けたくないのであればクレカでチャージしたnanacoもしくはWAONで支払うという方法がオススメです。

特にnanacoであれば店舗が多いセブンイレブンで決済できるので、気軽にできる方も多いのではないかと思います。

番外編:自動車ローンは金利の安いところを選ぶ

維持費とは違うのですが番外編として、自動車ローンは金利の安いところを選ぶようにしましょう。

ぼくは自動車ローンは利用したことが無いのですが、ディーラーなどで契約できる自動車ローンは大抵、金利が高めとなっています。

大体3-4%台くらいのところが多い感じでしょうか。

 

一方で自分で自動車ローンを探すことで、ディーラーで紹介される自動車ローンよりもかなり安い金利でローンを受けることが出来ます。

地方銀行だと意外と1%台のマイカーローンがあったりするので、あなたの住んでる地域の地方銀行にマイカーローンが無いか探してみるのも一つの手。

金利が低いほど審査が厳しいですが、申し込んでみる価値は十分にありますよ。

<200万円の車を5年のマイカーローンで購入する場合の金利ごとの違い>

1.8% 3% 5%
毎月の支払額 34,881円 35,937円 37,742円
合計支払い額 2,093,460円 2,156,220円 2,264,520円
利息 93,460円 156,220円 264,520円
1.8%ローンとの差額 -62,760円 -171,060円

1.8%と3%で毎月1,000円、合計額にして6万円以上の差が出てしまうことが分かりました。

利息5%の場合の差はもう見るまでもありませんね。

たかだか数%だからと言って、適当な自動車ローンに申し込むと、かなり痛い目を見ることになるのです。

自動車ローンは使わないに越したことは無いですし、使うとしても買い替えるときだけだと思いますが、たったの数%で大きく損することになるかもしれません。

なので自動車ローンをもし使うようなときは、月々の支出だけでなくトータルでいくらになるのか、と言う点も気にした方がいいでしょうね。

車を所有するなら駐車場代も気にしよう

それ以外のポイントだと、すぐに取り掛かることはできないかと思いますが駐車場代も気に掛けるようにしましょう。

駐車場代も家計を圧迫する一つの要因になりまして、都心部だと毎月1万円も取られる地域もあるくらいです。

もしこれを読んでいるあなたがこれから新生活への準備でお部屋探しもしているのであれば、物件の駐車場代もちゃんとチェックするようにしましょうね。

ルリまる
ルリまる
ちなみにつちまるは駐車場代にいくら払ってるの??
つちまる
つちまる
実はありがたいことに無料なんだ。田舎は土地代が安いからね

今は幸いにも駐車場代は掛かっておりませんが、名古屋にいたころは毎月5,000円も支払っていました。

まとめ

というわけで自動車を所有しているなら知っておきたい、節約ポイントについてまとめます。

車の維持費の節約ポイント
  • ガソリン代は専用のカードで支払う
  • 自動車保険はダイレクト型で相見積もりを取る
  • 車検も相見積もり、楽天車検なら更に楽天スーパーポイントが付与される
  • 自動車税はクレカ決済でポイント還元分だけ安くする
  • 住まいが積雪地でないのならオールシーズンタイヤを履く

ここでおススメしたのは、一度導入してしまえばその後コストが掛かることなく、継続的に節約が出来てしまうものです。

隣町までガソリンを補給しに行く必要も無いですし、少量ずつガソリンを入れる必要もありません。

節約のためにやってないものがあるようでしたら、ぜひ一度取り入れてみて下さいね。