税金

税金はクレジットカード払いでお得になる!カード払いをする3つの方法

つちまる@tcdtkhsです。

自動車を所有するぼくにとって、もうすぐ待ちに待ったイベントがやって来ます。

そう、自動車税の徴収です。

毎年5月になると非常に重たい臨時出費があるので、自動車を所有すると大変なのです。

つちまる
つちまる
減税は無理でも、安くならないかなぁ

ですが、実はこの自動車税、カード払いにできることを知っていますか?

ぼくは昨年末にふるさと納税を納めたときに初めて知りました。

税金をカード払いにすることで、カードのポイント分だけお得にすることが出来るのです。

そこで今回は、自動車税に限らず税金をカード払いで納める方法についてまとめてみました。

税金はカードで支払えば、ポイント分だけお得になる

今まで税金は全て現金で支払っていました。

その度に「カードで支払えたらちょっとはお得になるんだけどなぁ」と思いながら払っていたのですが、あなたがこれから払おうとしている税金はカードで支払えるかもしれません。

更にカード払いできるものは、ポイントが付与されてその分だけお得になることも。

と言うわけでここからは、税金をカード払いできる方法を3つ

それぞれ紹介していきたいと思います。

Yahoo!公金払いならお家にいながら納税できる

まず一つ目の方法は、Yahoo!公金払いを利用することです。

こちらを使うメリットは、納税通知書が手元にあればお家にいるだけで納税が出来るという、手間が最も少ないことです。

Yahoo!公金払いで納税できる税金一覧

全ての税金を支払えるわけではないのですが、自動車税をはじめ幅広い税金を納めることが出来ます。

納められる税金一覧
  • 自動車税・軽自動車税
  • 固定資産税
  • 住民税
  • 国民健康保険
  • 介護保険料
  • 後期高齢者医療保険
  • (保育料などの)使用料・利用料
  • 個人事業税
  • 不動産取得税
  • 法人市民税
  • 事業所税
  • 市たばこ税
  • ふるさと納税
  • 水道料金
  • NHK放送受信料
  • ガス料金

税金だけでなく水道・ガスの光熱費やNHKの受信料まで支払いを済ませることが出来てしまいます。

国民健康保険や介護保険料は会社員の方は給料天引きなので関係ないですが、自分で納めることになるフリーランスや自営業の方にとっては使う機会が非常に多いサービスとも言えます。

Yahoo!公金払いのデメリットは手数料が掛かること

納税通知書さえあれば家にいながら納税できるYahoo!公金払いですが、利用するデメリットは手数料が掛かること。

例えば自動車税を納税する場合、栃木県では1万円以下は78円、そこから1万円ごとに78円の手数料が掛かってきます。

つちまる
つちまる
ぼくが乗ってる車1500ccだと34,500円だから、余分に315円取られてしまうよ

なので支払うカードによっては、手に入るポイントよりも手数料の方が高くついてしまう、なんてこともあり得るので使うカードは注意しましょう。

つちまる
つちまる
支払金額によって手数料との割合が変わってくるから、ちゃんと計算しておこうね

クレカでチャージしたnanacoカードで支払いをすることもできる

次に紹介する方法が、nanacoカードで納税する方法です。

nanacoには実は、税金を支払うことが出来る機能があるのです。

方法としては、クレカを使ってnanacoにチャージし、その際に貯まるクレカのポイント分だけお得にできるという感じ。

nanacoで支払えばnanacoポイントも貯まるから二重取り!?なんてことも考えたくなりますが、残念ながら税金の支払いにはnanacoポイントは貯まりません。

nanaco払いのメリットは、Yahoo!公金払いと違って手数料が掛からないこと。そのためクレカのポイント分が丸々お得になります。

nanacoで支払うまでの手順としては

  1. nanacoカードを入手する
  2. nanacoの会員登録を済ませる
  3. nanacoにチャージするクレジットカードを登録する
  4. nanacoにチャージ

手順1.nanacoカードを入手する

まずはnanacoカードが無いとお話にならないので、カードの発行をします。

カード発行をする際は

  • セブンイレブン・イトーヨーカドーの店舗
  • PC・スマホで申請する

ことが出来ます。

発行するのに手数料が300円掛かりますが、イトーヨーカドーであれば”8の付く日”なら無料で発行することが出来ます。

手順2.発行したnanacoカードの会員登録をする

nanacoカードを発行したところで、次に公式HPを開いて会員登録をしましょう。

会員登録の際は、カード裏に記載されている番号を入力するだけでオッケー。

3分程度で終わりますよ。

手順3-4.マイページでクレジットカードを登録し、チャージする

会員登録が終わったら、マイページでnanacoにチャージしたいクレジットカードを登録します。

この時注意したいのが、登録可能なクレジットカードが限られてくる、と言うこと。

登録可能なクレカ
  • セブンカード
  • セブンカード・プラス

<登録可能なクレカの国際ブランド>

  • JCB
  • セゾンカード
  • UCカード
  • VISA ※
  • JACCS

※VISAは三井住友VISAカードのみ

  • MUFGカード
  • DC
  • UFJカード
  • NICOS
  • OMC
  • Orico

などなど

ちなみにぼくは、手持ちのカードをすべてVISAにしているため、クレカでのnanacoチャージを使うことはできません。

他にはMasterCardなども上記に記載がないということで使えないですね。

お手持ちのカードがnanacoチャージで使えるかどうか確認してから、nanacoで支払うことを検討するようにしましょう。

WAONカードで税金を支払う

最後に紹介するのは、WAONカードで支払うというものです。

「nanacoと一緒じゃん?」と思われそうですが、実際に仕組みとか流れはほとんど一緒です。

WAONカードをクレカでチャージして、クレカのポイント分だけお得になるという感じです。

WAONでもクレカを利用してチャージすることが出来る

WAONカードはあまり利用しないのですが、WAONでもどうやらクレカを用いてチャージすることが出来るそうです。

ただし、nanacoと違ってチャージできるクレジットカードの選択肢は少ないようで、

  • イオンカード(WAON一体型)
  • JMB WAONカード
  • イオンJMBカード

あたりでしかできないようです。

ちなみにWAON公式HPでは、もう少し選択肢がたくさんあるように書かれていますが、半分以上が電子マネーだと判断したため、ここでは除外しています。

上記では「クレジットカード」に絞って記載しております。

そのため、イオンのヘビーユーザーやJALマイルを貯めている方しか活用できないような感じがしますね。

WAONで納税できるのはミニストップのみ

WAONでの納税でもう一つ注意しておきたい点は、出来るのはミニストップのレジのみと言うことです。

WAON自体はローソンでも利用することが出来るのですが、(というかローソンでしかWAONは使ったことないww)ローソンではどうやら税金を支払うことはできないようです。

nanacoの項で紹介したセブンイレブンに比べると店舗数が少ないミニストップですと、利用できる人はかなり限られてきそうですね。

つちまる
つちまる
ちなみに我が家の最寄りのミニストップは車で30分くらい

クレカで税金を支払った場合、どれだけお得になるのか比較してみた

というわけでここからは、現金で支払った場合とクレカで支払った場合でどれだけお得度に差が出てくるのか、比較してみました。

クレカについては還元率1%のカードを用いて「Yahoo!公金払い」と「nanaco/WAON払い」で納税した時を仮定して計算してみます。

自動車税34,500円を支払う場合を仮定してここからは計算してみますね。

現金 Yahoo!公金払い nanaco/WAON
納税額 34,500円 34,500円 34,500円
手数料 0円 315円 0円
還元額 0円 -345円 -345円
合計額 34,500円 34,470円 34,155円

支払いを済ませるのであればnanacoやWAONで支払った方が安く済ませることが出来ます。

Yahoo!公金払いにしても安くはなるものの、手数料が掛かってしまうのでnanacoやWAONに比べるとお得感が少なくなってしまいます。

しかしnanacoやWAONでの支払いは利用できるカードが限られてしまうというデメリットがあります。

そのため、手持ちのカードを有効活用するのであればYahoo!公金払いを利用した方がちょっぴりお得且つ、自宅にいながら納税を済ませることが出来るのです。

カードで納税する方法まとめ

というわけでクレジットカードを利用して決済する方法についてまとめてみました。

手数料 利用可能カード メリット
Yahoo!公金払い あり VISA,MasterCard、JCB、ダイナーズ、アメリカンエクスプレス ・家にいるだけで納税できる
・Tポイントを支払いに充てることもできる
nanaco なし セブンカード、セブンカード・プラス、JCB ・店舗数が多いセブンイレブンで支払い可
WAON なし イオン・JMB関連のカードのみ ・JALマイレージを貯められる

個人的にはYahoo!公金払いがオススメ。

手数料が掛かってしまってお得感が薄れてしまいますが、自宅にいるだけで完結できる点は魅力的だといえます。

注意点としては手数料のせいで支出が余計に増える、なんてオチもあり得るので、出来るだけ還元率のいいカードを選んで、少しでもお得になるようにしておきましょうね。