スマホ・インターネット

毎月スマホ代が高いと悩むあなたが格安SIMに乗り換えるべき理由

つちまる(@tcdtkhs)です。

読者
読者
毎月のスマホ代金高すぎ~!

と悩まれている方、まだまだ多いと思います。

 

ぼくも3,4年前まではスマホに8,9000円ほど毎月払っており、家計が結構大変でした。

けど、今はスマホに毎月3000円も掛けていません。

 

結論から言うと、携帯大手三社を解約して格安SIMに乗り換えたことで毎月の支払額が半額以下に抑えられるようになり、毎月6,000円も節約が出来るようになりました!

「スマホ代金高い」そんな文句垂れるくらいならその契約をまず辞めませんか??

格安SIMってなんでこんなに安いの??

格安SIMに乗り換えるだけで毎月4,000円も異なるという、かなりビックリな料金プラン。

ではなぜ格安SIMがこんなに安いのか、見ていきましょう。

回線を大手キャリアから借りていることで安価を実現

格安SIMが安い理由は、電波の基地局を大手キャリアから借りているから。

逆に言うと大手キャリアは基地局の維持費、通信回線の開発などに費用が掛かるために必然的に値段が高くなります。

格安SIMは基地局を維持する必要も無ければ通信回線を早くするために開発する必要もないので、安価にサービスを提供できるのです。

提供するのはSIMカードのみ、最低限のサービスでコストカット

格安SIMの場合、そこで取り扱っている端末を購入することもできますがSIMカードのみで契約することも可能です。

三大キャリアと違ってスマホ本体と同時に契約しないといけない、と言うことがありません。

つまり好きなスマホを自分で選ぶことが出来るのです。

そのため三大キャリアであればスマホを使うまで全部ショップ店員さんが設定などしてくれますが、格安SIMは自分で設定する必要が出てきます。


※格安SIMの場合、スマホ本体を購入することもできますが、する必要もありません。

 

けど、その設定自体は自分で出来る簡単なもので不便は全く無いので気にならないんですけどね。

そんなぼくが使っている格安SIMサービスは、DMMモバイルです。

毎月のスマホ代が高いとお悩みなら格安SIMにしよう

携帯大手三社(ドコモ、au、ソフトバンク)で契約されている方はまだまだ多いと思います。

最近の料金形態について詳しく把握しきれていないのですが、ネットの書き込みとか見る限り、月1万近く支払っている人たちがまだまだ多いそうですね。

ドコモやau、ソフトバンクで契約している人たちがスマホ料金を下げるためには、格安SIMに乗り換えることで毎月の料金を一気に下げることが出来ます。

格安SIMに乗り換える2つのメリット

格安SIMを使っている身としては、三大キャリアでの契約なんて辞めてみんな格安SIMで契約しようぜ!と言いたいです。

格安SIMにすることでこんなメリットがあります。

  • 携帯電話特有の2年縛りが無くなる
  • 単純に毎月の料金が大幅に下がる

今まで大手キャリアでの契約に当たって悩まされまくった2年縛りが無くなるのです。

一方の格安SIMは、1年以内は解約手数料が発生しますが、2年目以降はそういった手数料がかかりません。

1年以上使い続ければ契約に縛られることが無く、自由に動けるのです!

ルリまる
ルリまる
2年目以降は解約自由の上に料金も安くなるなんてすごい!けど、なんか裏がありそう…
つちまる
つちまる
確かにそう思う人もいるよね。じゃあデメリットについて見ていこうか

格安SIMのデメリット

大手キャリアに比べると毎月のスマホ代がかなり安くなりますが、一方でデメリットもあります。

格安SIMは大手キャリアに比べるとネット速度がかなり落ちる時間帯があります。

まあ安いならでは、こういうデメリットもやはりあります。

対策としては、お店や施設の無料Wi-Fiを使うとか、自分でモバイルルータを持ち歩くなどのでしょうかね。

自分でモバイルルータを持ち歩くことで、スマホにかけるパケット代の節約にもなるのでスマホ代の節約にはお勧めです。

何より、モバイルルータはパソコンやタブレットにも接続できますからね。

ぼくはBroadWiMAXでWiMAXを契約していますが、これを普段使っているので格安SIMで契約しているパケット量はかなり抑えられています。

三大キャリアから格安SIMで実際にどれくらい安くなるの??

で、実際に三大キャリアから格安SIMに乗り換えることでどのくらい違うのか、という話です。

三大キャリアの一例としてドコモのプランを見ていきます。

ドコモの料金プランの場合

ドコモの場合、2-30GBまで料金設定がされており、5GBの場合だと5,000円します。


※料金プランは2018/5/17現在のもの

加えて、基本プランとして980円/月掛かります(シンプルプランの場合)。

基本料金+パケット代で合計金額が5,980円/月、そこに毎月の通話料が上乗せされることになりますね。

格安SIMのDMMモバイルの場合

次に格安SIMの料金プランについて見ていきます。

今回は、ぼくが使っているDMMモバイルについて見ていきます。

DMMモバイルは、三大キャリアで言う基本プランとパケット代がセットになっています。

通話もできるのが、画像右側の「通話対応SIMプラン」というもの。

5GBの場合、月額1,910円で、ここに通話料が乗っかってくることになります。

ドコモvsDMMモバイル

料金を比較するとこんな感じになります。

ドコモ DMMモバイル
基本料金 980円 1,910円
パケット代(5GB) 5,000円 上記に込み
合計金額/月(税抜) 5,980円 1,910円

※実際に使う場合はいずれも通話料が上乗せになります
※契約の際はここに事務手数料もかかります

差額にして4,070円も毎月変わってきます。

お勧めの格安SIM業者4つ

では今度は、どこの格安SIMの業者が一番いいのか、という話です。

格安SIMを提供している業者は今、数え切れないくらい沢山あります。

そこで今回は、おススメの業者を4つ紹介していきます。

  • DMMモバイル→ドコモ
  • 楽天モバイル→ドコモ
  • LINEモバイル→ドコモ、ソフトバンク
  • UQモバイル→au

それぞれ詳しく見ていきますね。

パケット容量基準で最安値のDMMモバイル

まずお勧めしたいのが、ぼくも使っているDMMモバイル

ぼくが知る限り、パケット基準で見た場合に格安SIMの中では最も安いです。

DMMポイントも利用料金の1%相当貯まるので、DMMで買い物する時もちょっとお得になります。

<料金一例>

通話ありプラン 料金
1GB 1,260円
5GB 1,910円
10GB 2,890円
20GB 4,680円

※この料金に、通話料(20円/30秒)が更に乗っかります

<オプション>

月額料金
SNSフリー 250円
10分かけ放題 850円

 

ここがポイント
  • パケット容量を基準として見た場合、格安SIMの中で最も安い
  • DMMポイントを利用料金の1%分貯められるので、DMMでの買い物がお得になる

DMMモバイルを見てみる

通話が多い人にお得な楽天モバイル

続いてお勧めしたいのが楽天モバイル

パケットプランは4つしかありませんが、楽天会員であれば通常価格よりもかなりお得に利用できることと、10分以内であれば国内通話かけ放題であるのが強みです。

また、支払いには楽天スーパーポイントも利用できるので、楽天をよく使われる方はポイント払いでさらにお得になることもできます。

<料金>

通常価格 楽天会員割
プランS(2GB) 2,980円 1,480円
プランM(6GB) 3,980円 2,480円
プランL(14GB) 5,980円 4,480円
プランLL(24GB) 6,980円 5,480円
ここがポイント
  • 追加料金なしで10分以内の国内通話はかけ放題である
  • 楽天会員であれば、月額1,500円引きで利用できる
  • 楽天スーパーポイントを支払いに使える

楽天モバイルを見てみる

SNSが使い放題になるLINEモバイル

ドコモ・ソフトバンクの回線で使える格安SIMがLINEモバイル。

LINEモバイルの特徴としては、LINE、ツイッター、Facebook、Instagramの利用はパケット消費にならないという点。

つまり、これらのSNSは使い放題ということなんです。

また、LINEモバイル利用者なら誰でも使える無料アプリ「いつでも通話」の利用者であれば、本来かかる通話料が半額(30秒/10円)になります。

<料金(コミュニケーションフリープラン)>

音声通話SIM 月額料金
3GB 1,690円
5GB 2,220円
7GB 2,880円
10GB 3,220円

※ここに通話料(20円/30秒)が加わります

<オプション>

月額料金
10分かけ放題 880円
ここがポイント
  • オプション無しでSNS使い放題である
  • アプリ「いつでも通話」を利用すれば、通話料が30秒/10円になる

LINEモバイルを見てみる

通話プランが選べるUQモバイル

au回線を利用するならUQモバイルがオススメ。

通話プランは「おしゃべりプラン」もしくは「ピッタリプラン」のいずれかを選ぶことで通話料がかなりお得になります。

  • おしゃべりプラン:1回5分以内の国内通話が何度でもかけ放題
  • ぴったりプラン:決められた時間内で通話料が無料になる

先の楽天モバイルも10分かけ放題プランが無料でついてきますが、通話プランだけで見るとこちらの方がお得になります。

<料金>

各プラン 月額料金 ぴったりプランの無料通話時間
プランS(3GB) 1,980円 60分
プランM(9GB) 2,980円 120分
プランL(21GB) 4,980円 180分

ちなみにUQにはWiMAXもありますが、特にセット割はありませんので期待しないように。

ここがポイント
  • 通話プランが「5分以内なら何度でもかけ放題」と「決められた時間内で無料」のいずれかで選ぶことが出来る

UQモバイルを見てみる

おわりに

というわけで月々のスマホ代金を安くする一番手っ取り早いのが格安SIMへの乗り換えです。

これに乗り換えるだけで毎月6,000円も節約できることを考えるとやらなきゃ損ですね。

「料金が安いとサービスが疎かになるのでは?」と感じられる方もいると思いますが、不便を感じたことは今のところ無いです。

むしろ今まで余分なサービスが多かったな、と感じています。

格安SIMに関してはデメリットはたかが知れているので「スマホ代金高い!」とか文句言ってる前に格安SIMに乗り換えたほうが絶対いいですよ、本当に。

スマホ以外のネット回線を抑える方法も知りたい、という方はこちらもどうぞ