スマホ・インターネット

一人暮らしでネット回線を節約するならライフスタイルごとに合わせよう。3パターン提案するよ

ネット代の総額7,000円未満です、つちまる@tcdtkhsです。

さて、今回は一人暮らしにおススメのネット回線はどこが一番お得なのか、という話。

プランも複雑ですし、提供しているプロバイダもたくさんあります。

更にはモバイルルーターを使うべきか、光回線は必要なのか、という点でも迷うかと思います。

そこで今回は、一人暮らしの人はネット回線をどこでどんなプランで契約するのが一番お得なのか、3つのパターンから提案しようと思います。

一人暮らしのネット回線の組み合わせ案は3つ。自分のライフスタイルに合わせよう

一人暮らしの人にとって、ネット回線をどうしようか迷われる人は多いと思います。

スマホはもちろん、パソコンのネットも必要になります。更に人によってはタブレットをネットにつなげたい人も多いでしょう。

 

例えば実家暮らしの人は家に誰かしらいることが多いと思うので、

実家に光回線を敷いといてスマホは格安SIMを契約すればオッケーな場合が多いと思いますし。

けど、一人暮らしだと家に引きこもっている人もいれば外の出てばかりの人もいます。

 

そのため、まず光回線は必要なのか?モバイルルーターという選択肢はどうなのか??

という話になってきます。

ここでは以下の3つのパターンで紹介しようと思います。

  1. インドア派には格安SIM×光回線
  2. 外出することが多い人には格安SIM×モバイルルーター
  3. ネットをそもそも使わない人は格安SIMのテザリングを使いこなす

それぞれのライフスタイルによって合うパターンが異なるので、それぞれ見ていきますね。

ネット代を節約する上では格安SIMは欠かせない

まずどのパターンでもスマホを使うために格安SIMは必須となります。

格安SIMのオススメはDMMモバイルですね。

ぼくが知る限り他の格安SIMに比べて料金が安いですし、SNS使い放題のプランもあります。

あわせて読みたい
毎月スマホ代が高いと悩むあなたが格安SIMに乗り換えるべき理由つちまる(@tcdtkhs)です。 と悩まれている方、まだまだ多いと思います。 ぼくも3,4年前まではスマホ...

DMMモバイルを契約する

おうちのネットは光回線かモバイルルータ、どっちがいいの?

ネットをスマホで使うのはもちろんですが、実際にはスマホだけでなくパソコンやタブレット、最近ではスマート家電とかもネットにつなげますよね。

ということを考えると、格安SIMだけでは役不足になってきます。

そこで考えるべき選択肢が、家に光回線をつなげるか、外でも使えるモバイルルータを所有するか、という話です。

ぼくはモバイルルータを使っていますが、それぞれメリットデメリットがあるので解説していきますね。

モバイルルータのメリットデメリット

モバイルルータはWiMAX、ポケットWi-Fiなどのような、端末を持ち歩くことで手持ちのスマホやタブレットに接続出来る機械の総称です。

モバイルルータの特徴として以下のような点が挙げられます。

<モバイルルータの特徴>

  • 持ち運びができてエリア内であれば外でも家でもネットが出来る
  • 申し込みをしたら2-3日もすればすぐに使える
  • 時々回線が遅くなることがある
  • 容量制限がある※
  • 僻地の方だと繋がらないことがある

※WiMAX「ギガ放題」であれば、容量無制限で通信可能です

デメリットが目立ってしまう内容になってしまいましたが、場所に関係なくタブレットやPCをネットに接続できるというのはかなりメリットが大きいです。

  • カフェに入ったけどFree Wi-Fiが通っていない
  • 公園でのんびり、Nintendo Switchのオンライン対戦をしたい

こんなシチュエーションでもネットにつないで仕事や遊びをすることが出来るのです。

そういう理由から、ぼくはWiMAXを使っています。

つちまる
つちまる
たまにWiMAXの電波が届かないところがあるのが悩ましい点である

光回線のメリットデメリット

続いては光回線の特徴について挙げていきます。

<光回線のメリットデメリット>

  • モバイルルータよりも通信速度が速い
  • 利用料金が若干モバイルルータよりも安い
  • 持ち運びとかはできないので家の中でないと使えない
  • マンションによっては工事が必要。導入までのハードルが少し高い

まず光回線のメリットとして、モバイルルータよりも通信速度が速いと言われています。

最近はモバイルルータの性能も上がってきているので下り(ダウンロードなど)速度については差が無くなってきていますが、

上り(アップロードなど)速度はまだまだ光回線の方が早いです。

<モバイルルータと光回線の上り速度>

モバイルルータ(W06):75Mbps

光回線(@nifty):1Gbps(1,000Mbps)

ルリまる
ルリまる
ということはつまり?
つちまる
つちまる
つまりSNSやYouTubeにコンテンツをアップしたりするような人は光回線の方が断然有利なんや

通信速度が速い光回線ですが、デメリットはそれが家の中でしか使えないという点。

「カフェで仕事したい」とかノマド的な人には光回線よりもモバイルルータの方が適しているんですよね。

つちまる
つちまる
ここからは最初に上げた3つの組み合わせパターンについて解説していくで
  • 実際には算出した金額に通話料が加算されますが、ここでは計算外とします。
  • 料金はすべて税抜きでの計算となります

パターン1.インドア派のあなたには格安SIM×光回線

まず紹介するのは格安SIM×光回線という方法。

光回線もまたたくさんのプロバイダがありますが、DMMモバイルを使う人と相性がいいのはDMM光かな、と。

こちら、DMMモバイルを契約していること前提ですが、DMM光にすることで「セット割」として光回線から月額500円引きになるんですよ。

こんな人におススメ
  • 一人暮らしだけど家にいることが多い
  • タブレット・PCを外に持ち歩くことが無い

DMM光を契約する

格安SIMとのオススメの組み合わせと料金

外に出歩くときに使う端末はスマホのみ、ということでスマホ回線の方はそれなりに容量に余裕があった方がいいです。

ぼくは外でスマホをいじるときはスマホの回線を使うのですが、経験上3GBあれば事足りるので3GBで計算をします。

1,500円(DMMモバイル、3GB)+3,780円(DMM光)-500円(セット割)=4,780円

月々の料金は4,780円となります。

ルリまる
ルリまる
ちょい!格安SIM使ってる人は多くてもその人がDMMモバイル使ってるわけじゃないケースの方が多いんじゃねーか??
つちまる
つちまる
それは確かに。じゃあ光回線単体で一番安いとこはどこか探してみるね

光回線で安いプロバイダはenひかり

格安SIMのセット割使えなくていいから光回線を安いところ無いの?という人は、enひかりなんかはどうでしょう。

月額3,300円と、通常のDMM光よりも安いです。

この金額よりも安いところはあると言えばあるのですが、条件が厳しいのと地域限定だったりするので、条件なし・地域指定なしのサービスで安いところはここかな、という感じですかね。

更にenひかりのメリットとしては、他社では普通にある2年契約縛りというものがありません。

つまり気に入らなかったり、ライフスタイルに合わない、といったことがあっても解約料なしで解約することが出来ます。

enひかりのプランを見てみる

パターン2.外へお出かけすることが多いあなたには格安SIM×モバイルルーター

次に格安SIM×モバイルルーターの組み合わせについて。

こちらは、外にいることが多い人向けの組み合わせですね。

ぼくが使っているのがこのパターン。モバイルルーターを持っていると、どこにいてもパソコン開いて作業できるので便利ですよ。

光回線は家の中でしか使えないので、こういう人が光回線を契約すると無駄になってしまいます。

しかし、モバイルルーターであれば外で高速のネット回線を持ち歩けるので非常に便利なサービスです。

こんな人におススメ
  • スマホだけでなくパソコンやタブレットを外で使うことが多い人
  • ネット容量を上限なく使いたい人

モバイルルーターのオススメプロバイダ

モバイルルーターもまた、色んな業者が参入しています。

有名なものだと、モバイルルーターはWiMAXとポケットWi-Fiがありますが、使い放題なのは現時点ではWiMAXのみ。

そのWiMAX一つとっても無数のプロバイダがありますが、ぼくのオススメはBroadWiMAXですね。

他の業者に比べて頭一つ安価に提供されています。

例えば、ぼくが以前使っていたYAMADA Air WiMAXは月額4,380円ですが、BroadWiMAXでは月額3,411円と、かなり安いです。

つちまる
つちまる
プロバイダを変更しただけで、1,000円も節約できてしまいました
あわせて読みたい
Broad WiMAXに乗り換えて年間12,000円の節約に成功しましたネット代をさらに節約しました、つちまる@tcdtkhsです。 先日、WiMAXのプロバイダをBroadWiMAXに乗り換えました。...

BroadWiMAXを契約する

格安SIM×モバイルルータにかかる金額

こちらの組み合わせだと、まずネット回線はモバイルルーターで全部賄えばいいのでスマホのネット容量は最小限に抑えられます。

DMMモバイルの場合、最小の1GBは1,260円。

1,260円(DMMモバイル、1GB)+3,411円(BroadWiMAX) =4,671円

先ほどのスマホ×光回線よりも月額100円程安く済ませられます。

パターン3.ネットをそんなに使わないあなたには格安SIMのテザリングを駆使しよう

ネットの速度は求めない、というかそもそもネットを使う量は多くない、という人は格安SIMのみで対応するという方法もあります。

PCとタブレットのネットをつなぐときは、全て格安SIMからのテザリングのみ。

DMMモバイルの場合、最大で20GBまでのプランがあるので毎月の使用料が20GB以下の人にはオススメの方法です。

他の格安SIMであれば30GBとかもあるのですが、料金が6,000円オーバーになるので、こういう人は大人しくモバイルルーターを持ちましょう。

DMMモバイル20GBの場合の料金は4,680円。

先述の格安SIM×モバイルルーターよりもほんのちょっと高いですが、こちらの強い点は使わなかった分は繰り越せるということ。

つまり、ある程度容量が余って来たらプランを1段階下げて代金を節約することが出来るのです。(1段階下の15GBは3,980円)

自分の使用量に応じて柔軟に月額料金を下げることが出来るのが利点になります。

こんな人におススメ
  • 月の使用量が20GB未満の人
  • ネット回線が多少遅くても気にならない人

一人暮らしのネット回線についてまとめ

まず3パターンの料金のまとめをしていきます。

<インドア派の人向け>

DMM 3GB DMM光 合計
格安SIM×光回線 1,500円 3,280円 4,780円

<外でネットをよく使う人向け>

DMM 1GB BroadWiMAX 合計
格安SIM×WiMAX 1,260円 3,411円 4,671円

<ネットをあまり使わない人向け>

DMM 20GB
格安SIM テザリング(最大料金) 4,680円

<3パターンのまとめ>

金額
格安SIM×光回線 4,780円
格安SIM×モバイルルーター 4,671円
格安SIM テザリング ~4,680円

3つのパターンの料金はこのようになりました。

  • お家でネットを使うことが多いなら光回線を契約する
  • 外でPCやタブレットとか使って作業することが多いならモバイルルーターを契約する
  • 使う容量が少なく、使用量が分かっているのであれば格安SIMテザリングを駆使する

という感じでしょうかね。

 

あくまでぼくが色んなライフスタイルを想定したうえで考えたパターンですが、要は自分に合ったネットのプランを組み合わせるのが一番の節約になります。

自分のライフスタイルがどんなものなのか、理解したうえでネット回線を選んでいくようにしましょう。

BroadWiMAXを契約する

DMM光を契約する

DMMモバイルを契約する