光熱費

楽天でんきならポイントで電気代削減に!料金体系、メリットデメリットを解説

「電気代を実質ゼロ円にできる」みたいな話があったら、聞いて見たくないですか??

電力自由化によって、私たちは自分自身で電力会社を選択できるようになり、節電をしなくても電気代を抑えることが可能です。

電力自由化のサービスの一つである楽天でんきではポイントが貯まり、さらにそのポイントを支払いに充てることが出来ます。

そこでこの記事では、楽天でんきの料金体系とメリットデメリットを紹介するだけでなく、ポイントの貯め方と使い方も併せて解説します。

楽天でんきに乗り換える

楽天でんきとは

楽天でんきとは、「楽天エナジー」が運営する電力提供サービスの一つです。

楽天という名前が付くだけに利用額に応じた楽天スーパーポイントが貯まります。

更に貯まった楽天ポイントを支払いに充てることが可能であり、全額ポイント払いによる「実質ゼロ円」が実現できてしまうのです。

楽天でんきの料金体系および東京電力との比較

楽天でんきの料金体系

楽天でんきの料金体系は以下のようになっています。

料金は電力会社のエリアによって変わりますが基本料金0円という点だけは共通です。

エリア 基本料金 従量料金(税込)/kWh
北海道電力 0円 30.0円
東北電力 26.5円
東京電力 26.5円
中部電力 26.5円
北陸電力 22.0円
関西電力 22.5円
中国電力 24.5円
四国電力 24.5円
九州電力 23.5円
沖縄電力 27.0円

東京電力をはじめとした従来の電力会社では、契約アンペア数に応じて基本料金が請求されます。

しかし楽天でんきの場合、契約アンペア数に関係なく基本料金は0円、利用した分だけ支払えばいいのです。

東京電力の料金と比較

ここで東京電力との料金を比較してみます。

楽天でんきと東京電力の料金体系を表にまとめてみました。

楽天でんき 東京電力
基本料金 0円 286円/10A
~120kWh 26.5円/kWh 19.88円/kWh
121~300kWh 26.46円/kWh
301kWh~ 30.57円/kWh

後述でいくつかシミュレーションをしますが、この料金表から分かることは

  1. 300kWhまでは電気量料金は東電の方が安い
  2. ただし契約アンペア数によって東電の方が高くつく

ということです。

楽天でんきのメリット

楽天でんきを契約するメリットを解説します。

料金体系が他の会社と異なるので、人によっては節電することなく光熱費を大きく節約することが可能です。

楽天市場での買い物でポイント付与率が上がる

楽天でんきを契約すると、楽天市場で買い物をした時にポイント付与率が上がります。

楽天でんきはSPU対象のサービスとなっており、契約することで+0.5%上乗せされます。

楽天でんきを利用すると楽天市場でより多くのポイントがもらえるので、お得に買い物ができてしまうのです。

基本料金0円、アンペア数が高いほどお得になる

また楽天でんきは基本料金0円なので、元々契約アンペア数が高かった世帯もお得になります。

以下が東京電力の料金体系ですが、契約アンペア数が高いほど基本料金が上がります。

基本料金
10A 286円
15A 429円
20A 572円
30A 858円
40A 1,144円
50A 1,430円

契約アンペア数が高い=電気使用量が多い家庭ほど、基本料金によって月々の電気代が上がります。

目安としてですが30A以上の世帯は楽天でんきの方がお得になります。

【シミュレーション①】

東京電力エリアで30A、200kWhの電気を使用した場合・・・

電気代
TEPCO 5,360円
楽天でんき 5,300円

電気代に応じてポイント付与

また楽天でんきは電気代に応じて楽天スーパーポイントが付与されます。

付与率は200円ごとに1ポイント、4,000円の請求があれば20ポイントです。

ポイント払い可能、期間限定ポイントが使える

楽天でんきでは電気代の支払いには、貯めた楽天スーパーポイントを充てることもできます。

貯まったポイントが多いほど、電気代を全額ポイントで賄うことも可能です。

更にありがたいことに、利用できるポイントは通常ポイントだけでなく、期間限定ポイントも対象となっています。

そのため今まで期間限定ポイントの有効期限を切らしていたという方は、電気代に充てることでポイントを消化しやすくなります。

つちまる
つちまる
この制度のおかげでぼくも期間限定ポイントを失効させることが無くなりました
  • 世帯と利用状況によっては楽天でんきに切り替えるだけで電気代が安くなる
  • また電気代に応じて楽天ポイントが還元される
  • さらに電気代の支払いに楽天ポイントを充てることもできる

楽天でんきのデメリット

電気代が安くなり、ポイントが貯まり、更にポイント払いも出来て、と良いことづくめに見える楽天でんき。

しかし一方で、デメリットもあります。

20A以下は契約不可能

基本料金は0円である一方で、20A以下は契約することが出来ないようになっています。

そのため今ご利用の契約アンペア数が20A以下の場合、電気代が高くついてしまう可能性があります。

電気使用量が少ないと割高になることもある

電気使用量が少ないということは、基本料金を安く設定している世帯であることが多いでしょう。

その場合は楽天でんきは割高になってしまいます。

【シミュレーション②】

東京電力で20A、月の電気使用量が150kWhの場合・・・

電気料金
東京電力 3,751円
楽天でんき 4,037円
つちまる
つちまる
20Aだと楽天でんきの方が高くついてしまうのです

契約アンペア数が20Aで賄えてしまう場合、上記のように楽天でんきは高くついてしまいます。

そのため電気使用量が少なめ世帯の場合、楽天でんきにはしない方が良いです。

楽天でんきがお得になる世帯とは??

楽天でんきは東京電力とは料金体系が全く異なります。

そのため電気使用量が多いか少ないか、だけでは電気代が安くなるかどうかの判断が難しくなります。

ざっくりとですが楽天でんきが安くなる世帯をまとめてみました。

  • 契約アンペア数が30A以上
  • 契約アンペア数が20Aだが、1ヶ月の電気使用量が360kWh以上

ざっくりですが、これらの条件に満たす世帯であれば、楽天でんきに乗り換えた方がお得になります。

ルリまる
ルリまる
実際には契約アンペア数が20Aで360kWh以上も使う世帯はほぼいないだろうけど、数字上の話はそうなるってことで認識しといてな!

楽天でんき切り替えで2000Pもらえる

他社の電力会社に契約している方は、楽天でんきに乗り換えると2000円相当の楽天ポイントがもらえるキャンペーンがあります。

条件は以下の通りです。

<2000Pキャンペーン適用の条件>

  • 契約期間が3ヶ月以上であること
  • 動力プランおよび楽天でんきBusinessの契約では無いこと

この二つを満たすだけです。

条件を満たした場合、契約日から3か月後の月末に楽天ポイントが付与されます。

キャンペーンで付与されるのは通常ポイントなので、期限を気にせず使うことが出来ます。

楽天でんきの申し込み方法

楽天でんきの申し込み方法は以下の手順になります。

たったの10分程度で済みますので、毎日節電して我慢するよりも断然楽に電気代を抑えられますよ。

  1. 検針票または今の電気会社の契約が分かる書類を用意する
  2. 楽天でんきHPより、「申し込みはこちら」をクリック
  3. 画面に沿って必要事項を入力する
  4. 入力内容に問題が無い場合、開始日についてメールで案内が来る
  5. 利用開始

検針票に記載されている内容が必須になりますので、契約手続きに入る前に必ず検針票を用意しましょう。

楽天でんきの電気代を全額ポイント払いにする方法

楽天でんきでは請求される電気代を全額楽天スーパーポイントで支払うことが出来ます。

ここからは楽天でんきを契約された方向けに、電気代を全額ポイント払いにする流れを解説します。

楽天でんきでポイント払いをするまで
  • 手順①
    各種手続き

    楽天でんきマイページにて、“各種お手続き”を選択します

  • 手順②
    ポイント設定へ

    画面右下にある“ポイント設定”の詳細をクリックします。

まとめ:楽天でんきでポイントを貯めたり支払いに充てれば節約が実現できます

この記事のまとめに入ります。

楽天でんきに乗り換えることで、節電することなく電気代の削減を実現できるかもしれません。

楽天でんきのメリット
  • 基本料金0円により、30A以上であれば東京電力(TEPCO)よりも安くなる
  • 電気代200円ごとに楽天ポイントが1ポイント貯まる
  • 貯まった楽天ポイントで電気代の支払いに充てられる

節電にはストレスが掛かってしまいますが、楽天でんきへの乗り換えはたったの10分で済ませられます。

楽天でんきで光熱費の削減、してみませんか。

楽天でんきに乗り換える