キャッシュレス

楽天ペイの使い方を徹底解説!お得な活用方法、特典についてまとめてみた【今なら5%還元も】

スマホ決済にはいろいろなアプリがありますが、ぼくが一番使うスマホ決済は楽天ペイです。

楽天ポイントを普段から貯めていることもあり、楽天ペイとの相性は非常にいいので、重宝しています。

こちらの記事では、楽天ペイの使い方からお得に活用する方法、加えて楽天ペイを利用する上での注意点について詳しく解説していきますね。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ

楽天ペイの概要、機能、特典など

まず楽天ペイがどんなアプリなのか、ということを簡単に説明していきますね。

楽天ペイでは主に提携店舗での決済と、アプリ間での送金が出来ます。

スマホ一つで決済ができる

楽天ペイではスマホ一つお店に持っていくだけで決済することが出来ます。

アプリにはクレカを連携させたり、アプリ内の残高で決済することになるのでお財布は一切いりませんよ。

利用可能な場所はコンビニやレストランをはじめとした実店舗からオンラインショッピングまで、最近では使える場所がどんどん増えてきています。

決済額に応じて楽天スーパーポイントが+0.5%上乗せされる

楽天ペイで決済するメリットは、楽天スーパーポイントが決済額200円ごとに1ポイントが還元されます。

これの何がいいかというと、楽天ペイに連携しているクレジットカードのポイントと二重取りが出来てしまうのです。

つまり、楽天ペイに楽天カードを連携しておけば、合計で1.5%の楽天スーパーポイントを獲得することが出来ますよ。

  1. 楽天ペイでの還元率:200円ごとに1ポイント(0.5%還元)
  2. 楽天カードでの還元率:100円ごとに1ポイント(1.0%還元)
  3. 合計:0.5%+1.0%=1.5%
つちまる
つちまる
楽天ペイは楽天カード以外にもVISA、MasterCardとも連携できるので、他のポイントも並行して貯められますよ

アプリ間での送金も可能

また楽天ペイでは、他の人に送金することもできます。

楽天ペイアプリを持っている人、もしくは楽天会員に登録している人に対して、「楽天キャッシュ」という形で送ることになります。

楽天キャッシュ

楽天の電子マネーの一つ。

楽天Edyとの違いは、オンラインで利用できるかどうかの違いで、楽天キャッシュはオンライン決済に強い電子マネー、楽天Edyは実店舗での支払いに強い

手数料も掛からないので、ご飯を食べたときの割り勘などに活用できますね。

楽天ペイは楽天スーパーポイントで支払うこともできる

楽天ペイでは決済額に応じて楽天スーパーポイントを貯めることが出来ます。

その一方で、楽天スーパーポイントを使って支払いをすることもできますよ。

楽天市場などでガッツリ貯めたポイントは、楽天ペイを使ってお得に買い物をしてしまいましょう。

あわせて読みたい
楽天スーパーポイントのお得な使い道を提案します。楽天系サービスから実店舗まで利用可能です貯まった楽天ポイント、そろそろ使って家計を節約していきませんか。 楽天カードで支払いを済ませたり、楽天系のサービスを利用していると...

カード払いでも支出を増やしたくないような場合だったり、期間限定ポイントを使い切りたい場合なんかは楽天ペイ上で「ポイントで支払う」にチェックを入れれば、簡単にポイントで支払いが出来ますよ。

  • 楽天ペイで楽天スーパーポイントを貯められる
  • 楽天スーパーポイントを使って楽天ペイで支払いが出来る

楽天ペイの2つの決済方法

楽天ペイで決済するときは、二つの方法があります。

  • バーコード・QRコード決済
  • セルフ支払い

どんな方法なのか、見ていきますね。

バーコード・QRコードを読み取らせて決済する

楽天ペイの決済手段の一つが、バーコードおよびQRコードをレジで読み取らせることで決済する方法です。

楽天ペイを利用する上では最も使うことになる手段でしょう。

楽天ペイアプリを開くと、すぐにバーコード・QRコードが出てくるので、それを店員さんにレジでピッとしてもらいます。

コード決済を使って実際にローソンで買い物をしてみました。こちらからどうぞ

セルフ支払い方式なら、着席しながら決済ができる

もう一つセルフ払いという方法が、楽天ペイではあります。

こちらは従来のレジに行って店員さんにコードを読み取ってもらう方法ではなく、着席したまま自分でアプリを操作し、支払い金額を入力して決済するという方式です。

わざわざレジに並ぶ必要が無いので、非常に楽なシステムなのです。

つちまる
つちまる
コーヒーをのんびり飲みながらでも、支払いが済ませられるのでゆったりできますよ

セルフ支払いを実際にレストランで使ってみました。こちらからどうぞ

楽天ペイを街にある実店舗で使ってみよう

楽天ペイは他の決済アプリ同様に実店舗で使えるほか、オンラインショップでも利用することが出来ます。

実店舗で買い物をできる場所

実店舗ではコンビニをはじめ薬局、居酒屋、家電量販店などで利用できます。

現時点ではセブンイレブンやヤマダ電機は対象外ですが、LINEPayとPayPayは導入済であることから、そう遠くないうちに導入するのではないでしょうか。

つちまる
つちまる
うちの近くにはセブンイレブンしか無いから、導入してほしい!

実際に実店舗で使ってみた【コード決済】

というわけで実際に、楽天ペイを使ってローソンで買い物をしてみました。

今回はアイスコーヒーとお菓子を一個、買うことに。

商品を選んだら楽天ペイのアプリを開いてレジに並びます。コード決済の場合、開いた最初の画面でコードが表示されるようになっています。

レジで、店員さんに楽天ペイ払いである旨を伝えましょう。それで決済が完了です。

ちなみにローソンではPontaポイントもしくはdポイントも同時に貯めることが出来、三重取りが可能です。

その際は楽天ペイを出す前にPontaもしくはdポイントカードを先に掲示しましょう

レジでの決済が終わると、以下の画面が表示されます。

支払い額200円に対して合計還元率が1.5%、3円相当の楽天ポイントが貯まりました。

実際に実店舗で使ってみた【セルフ決済】

楽天ペイにはコード決済のほかに、お店の席にいながら決済を済ませられる「セルフ決済」という方法も可能です。

レストランや美容院などではそういう形態をとっているお店があるようです。

今回は、楽天ペイ払いが出来る水戸市内にあるイタリアン店「リストランテ・ダ・ヒロシ」でお食事を済ませつつ、セルフ決済を使ってみました。

ランチメニューはサラダバイキング・ドリンクが付いた生麺パスタのセット(1,200円)をやっているということで、こちらを注文。

サラダはバイキングとっても、一度しか取れないので食べたいものは全部取ります。

野菜を食べている間に、美味しそうなパスタが出てきました。

こちらのパスタ、非常においしかったです。

まず面がもちもちしていて食べ応えがあり、オリーブオイルがしっかり効いています。

さらに塩の味付け具合がちょうどよく、夏の暑い季節に塩分の補給にもうってつけ。

そしてなにより・・・

ルリまる
ルリまる
こらーーーーー!!
つちまる
つちまる
ひゃっ!
ルリまる
ルリまる
食事レビューよりも大切なことがあるだろうがよ!!
つちまる
つちまる
しまった…あまりのパスタのおいしさに、自分の世界に入り込んでしまった!

食べ終わったということで食後にセットのアイスコーヒーをいただきながら、お席に着いたまま会計に入ります。

まず店員さんを呼び出して、「楽天ペイで支払う」旨を伝え、支払い額の確認を取ります。(このお店では伝票を置いてくれなかったので、口頭で確認するしかなかった)

その後は以下の手順でアプリを操作し、決済を済ませます。

セルフ決済までの流れ
  • 手順1
    アプリを開き、左上の三本横線が入ったマークをタップ
  • 手順2
    アプリのメニューバーが出てくるので、「セルフでお支払い」の項目を選択
  • 手順3
    楽天ペイセルフ決済可能なお店の場合、今利用しているお店が出てくるので、それをタップ
  • 手順4

    店員さんから言われた支払い金額(ある場合は伝票に記載されている金額)を入力する。

    今回は1,200円だったのでその数値を入力

  • 手順5
    この画面が出たら、決済完了、店員さんに報告をしてお店を出ましょう
    ポイント還元率1.5%ということで、18ポイント貯まりました

無事アイスコーヒーを飲みながら精算を済ませることが出来ました。

席を立たずに会計を済ませられるアプリは今のところ楽天ペイだけ、セルフ決済機能は非常に便利なのです。

セルフ決済は、締めのコーヒーを飲みながら、席を立たずに済ませることが出来る

オンラインでも楽天ペイで支払いができる

楽天ペイは実店舗だけでなく、オンラインでも支払いに使用することが出来ます。

利用できるお店はファッション、グルメ、美容、デジタルコンテンツ、家電など多岐にわたります。


↑上記の画像はあくまで一例です

オンラインで買い物を済ませる場合、クレジットカードの番号を入力するという手間が生じてしまいますが、楽天ペイであればその手間を省いて決済することが出来ます。

楽天ペイをお得に活用する方法

還元率が+0.5%上乗せできる楽天ペイ、ぼく的にはおすすめの活用方法は二つあります。

  1. 楽天ペイ×Kyash×リクルートカード(合計還元率3.7%)
  2. 楽天ペイ×楽天カード(×各種キャンペーン)(キャンペーン時、5%)

この二つの活用方法が現時点ではオススメの方法です。

それに加え、一部店舗ではPontaやdポイントなども付与でき、三重取りも可能な場合もありますよ。

あわせて読みたい
キャッシュレス還元事業開始までに持っておきたいクレジットカード・決済手段をまとめてみた2019年10月に始まる消費税増税、この日からキャッシュレスと現金とではお得度に大きな差が出るかもしれませんよ。 消費税増税に伴っ...

楽天ペイ×Kyash×リクルートカードで還元率を3.7%にできる

まず紹介するオススメの楽天ペイの使い方は、還元率1.2%のリクルートカードを2%還元のKyashに連携させ、そのKyashを楽天ペイに登録するという方法です。

ちなみにKyashとはVISAのリアルカードがあるウォレットアプリの一つであり、それを使うことでクレカの還元率に加えて、+2%が別途還元することができるツールなのです。

あわせて読みたい
Kyashのお得な使い方とデメリットを解説!還元率を4%にすることもできる!?キャッシュレス生活のおかげで毎年15,000円お得に生活できています、つちまる@tcdtkhsです。 さてみなさん、Kyashとい...
還元率(還元されるポイント)
楽天ペイ 0.5%(楽天ポイント)
Kyash 2.0%(Kyash残高)
リクルートカード 1.2%(リクルートポイント)
合計 3.7%

楽天ペイ×楽天カードであれば、キャンペーンで還元率5%になることも

もうひとつは楽天ペイに直接楽天カードを連携させる使い方です。

この組み合わせの場合、定期的に実施されるキャンペーンによって還元率が上昇するので、それを利用してお得に活用するのです。

例えば現在実施している「楽天カードを設定したお支払いでずーーッと最大5%還元キャンペーン第2弾」では、本来1.5%還元されるところが5%にまで引き上げられるようになります。

 

注意点としては、Kyashを間に挟んでしまうとキャンペーン対象外となってしまうので、ここではKyashは使いません。

キャンペーン外の時はKyashを利用するのもアリなのですが、キャンペーン実施中に知らずのうちにKyashを利用していたり(キャンペーン適用外)、そもそもリクルートカードの方が還元率が高いというのもあるので、あまりお勧めはしません。

ずーっと5%還元キャンペーン概要

  • 還元対象:楽天ポイント利用を除いた支払金額
  • 期間:2019/9/30まで
  • 特典上限:一人最大5,000ポイント
  • ポイント進呈時期:2019/11/30まで
  • ポイント有効期限:2019/12/31まで利用可能
つちまる
つちまる
現時点では不明ですが、10月1日以降も実施する可能性はあるそうですよ

Pontaポイントやdポイントなど、他のポイントを3重取りも可能

クレジットカードを連携させた楽天ペイでの買い物によってポイントを二重取り(Kyashを連携させれば3重どり)できるのですが、店舗によっては店独自で提携しているポイントカードを掲示することでポイントが付与されることもあります。

例えばローソンの場合、Pontaポイント・dポイントのいずれかを加えることが出来ます。

お店によっては他のポイントを付与できる可能性があるので、ぜひ確認してみて下さいね。

つちまる
つちまる
今ぼくが知っているのはローソンのPonta・dポイントだけですが、判明次第随時更新予定です

楽天ペイを利用する上での注意点

非常に便利な楽天ペイなのですが、利用する上でいくつか注意点があります。

ここを抜かすと楽天ペイが使えなかったりすることもあるので、しっかり押さえておきましょう。

楽天ペイに登録できるカードは楽天カード、VISA、MasterCardのみ

まず楽天ペイに登録できる国際ブランドはVISA、MasterCardのみです。

楽天カードであれば上記のブランド以外でも連携はできるのですが、他のカードの場合はJCBやAmerican Expressは利用できないのです。

なので、JCBとかしか持っていない場合は、すぐにVISAやMasterCard、楽天カードを発行する必要があります。

コンビニでの利用上限額は1回あたり・1日あたり4,000円まで

楽天ペイではローソンをはじめファミリーマート、ミニストップ、セイコーマートといったコンビニで利用することが出来ます。

通常の利用限度額は50万円までとかなり高額の商品まで支払いが出来るのですが、

これらのコンビニで利用する場合、1回あたりおよび1日あたりの利用額は4,000円までと上限が決められています。

  • コンビニで5,000円の買い物➡利用不可
  • コンビニで3,000円の買い物をした後に同じ日に、1,500円の買い物をした➡3,000円の買い物はOKだが、1,500円の買い物は利用不可

そもそも論としてコンビニでの買い物は割高になってしまうのでオススメはしないですし、コンビニで高額な買い物はしないと思いますが、

楽天ペイを利用するのであれば一応押さえておくようにしましょう。

楽天ペイについてまとめ

というわけで楽天ペイについてまとめていきますね。

楽天ペイについて
  • 楽天ペイはスマホ決済アプリの一つで決済、送金が可能
  • 楽天ペイ決済では支払い額200円ごとに1ポイントの楽天スーパーポイントが付与される
  • 他アプリ同様にコード決済によって支払いを済ませることが出来るが、レストランなどで着席しながら支払いを済ませられる「セルフ払い」機能がある
  • オンラインでも楽天ペイを利用可能
  • 楽天ペイとクレジットカードを連携させることでポイントを二重取りすることが可能
  • 楽天ペイに直接楽天カードを連携させることで、還元額が5%になるキャンペーンが現在実施中

使えるお店はまだまだクレカとかに比べると多くないのですが、楽天ペイを使えることで非常にお得に買い物ができるのです。

特に今なら楽天カードと連携させれば還元額5%と、支出を大きく抑えられるキャンペーンが実施中です。

ぜひみなさんも、楽天ペイをダウンロードしてお得に買い物をしてみましょう。

楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ