光熱費

【冷房の電気代】エアコンは付けっぱなしと不在時電源OFFではどちらが安く済むのか調べてみた

「エアコンはつけっぱなしにした方が安い」こんな話を聞いたことがある人は多いのではないでしょうか?

ぼくも聞いたことはあります。

しかし実際のところ、つけっぱなしにした時とそうでない時では電気代を比較するのが難しかったために実験が出来ませんでした。

どうやって証明できないか悩んでいたところに最近、1日ごとの電気利用量を確認することが出来る楽天でんきに乗り換えました。

そこで今回は、エアコンをつけっぱなしにした場合と不在時はOFFにした場合の電気代を比較して、どちらがお得なのかを検証してみました。

エアコンとの付き合い方を考えるのも電気代節約の一つですが、一番効果が高いのは電力会社を乗り換えることです。

 

車に乗る機会が多い方➡ENEOSでんきで電気代に加えて、ガソリン代も安くなります

ENEOSでんき切り替えで電気代が2,000円も節約できたよたった一つの手続きで毎年2000円も節約できる、そんな話が実際にあります。 その方法はというと、電力会社を自分で選ぶことです。 ...

 

楽天市場で買い物をする方➡楽天でんきなら楽天ポイントを貯められるだけでなく、楽天市場で貯めたポイントで電気代支払いも出来ます

ENEOSでんきから楽天でんきへ切り替えたのでいくら安くなるのか比べてみたたった5分の手続きで毎月○○円手元に使えるお金が増えたらいいな、と思いませんか? 効果のある節約術といえば固定費の削減になるのです...

「エアコン付けっぱなしは電気代が安くなる」説の根拠とは?

大抵の家電では使わないときは電源を切ることが節電・節約になると言われています。

しかしエアコンにおいてはこのようにつけっぱなしの方が電気代が安く済むという話が飛び交っています。

真偽のほどはこれから結果を交えて解説するとして、これにはちゃんとした理由があります。

まずエアコンは起動時に最も電気を消費します。

その消費量は冷房・暖房を掛けている間の何倍も電気代がかかると言われています。

そのため、最も電気代が掛かる起動回数を極限に減らせる「エアコンつけっぱ」状態こそが「エアコン付けっぱなしは電気代が安い」説なのです。

エアコン付けっぱなしは実際に安い??実際に調べてみた

というわけで実際に、エアコンをつけっぱなしにすることで電気代が安く済むのか、ということを調べてみました。

今回はエアコン付けっぱなしを3日間、自宅不在時はエアコンOFFの状態を3日間という期間を設けました。

調べるにあたっての条件

以下、電気代を調べた条件です。

冷房つけっぱなし
  • 期間:2019/8/1-3
  • その日の天気:3日間とも晴れ
自宅不在時のみ電源OFF
  • 期間:2019/8/4-6
  • その日の天気:3日間とも晴れ
電源OFF時間 電源ON時間 エアコン稼働時間
8月4日 8:00 19:30 12時間30分
8月5日 8:00 19:30 12時間30分
8月6日 9:30 20:30 13時間

8/4-6については、出勤直前にエアコンの電源をOFFにし、帰宅予定の30分前に電源が入るように予約スイッチを入れていました。

エアコンの稼働時間は就寝中の深夜も稼働しているため、3日間とも12-13時間程度。

調べてみた結果がこちら

というわけで合計6日間の電気代のグラフがこちらとなります。

グラフを見る限りですが、一目瞭然でエアコンをOFFにした4-6日が安いですね。

ちなみに電気使用量はこんな感じ

<冷房つけっぱなし>

電気使用量(kWh)
8月1日 13.07
8月2日 11.88
8月3日 12.02
平均 12.32

<不在時は冷房OFF>

電気使用量(kWh)
8月4日 8.21
8月5日 7.52
8月6日 7.19
平均 7.64

付けっぱなしにした場合と不在時はOFFにした場合と比べると、後者の方が4kWhほど使用量が低いことが分かりました。

楽天でんき(東京電力エリア)の場合、1kWhあたり26.0円掛かるので、1日あたり104円の節約が実現できてしまいます。

一ヶ月換算にしたら、3,000円以上!

つちまる
つちまる
使わないときは電源を切る、これをやるだけでも十分に節約になりますね

電気をこまめに消す節約術は、基本的にコスパが悪いのでオススメはできません。

が、電気使用量が大きいエアコンの場合は、焼き肉をごちそうできるくらい節約することが出来るのです。

結論:不在時はエアコンを消した方が節約になる

ということで結論としては、不在時はエアコンを消した方が節約になるということが実際に調べてみて分かりました。

24時間付けっぱなしにした場合と比較して、1日あたり100円相当の電気代の節約が実現できます。

やはり使わない家電に関しては電源をOFFにした方が節約になりますね。

本来はこれが当たり前だと思いますが。

ただし、短時間の外出程度ならOFFにした方が高くつくことも

ただし短時間の外出の場合は、電源OFFにした方が高くついてしまう場合もあります。

今回のケースでは通勤時間、10時間以上外出していたために安くなりました。

しかし、短時間のON・OFFを繰り返すと、立ち上げ時の電気使用量が増えるために節約どころか電気代が高くついてしまうかもしれないのです。

参考記事の内容は冬の暖房の場合ですが、電気代に関しては冷房と大体同じなので、短時間の外出なら付けっぱなしがお得というのは冷房でも成り立つ話ではないでしょうか。

エアコンの付き合い方って地味に難しいですね・・・

まとめ

というわけでこの記事についてまとめていきます。

  • エアコン(冷房)の電気代は10時間以上の不在時の場合、つけっぱなしよりもOFFにした方が節約になる
  • 金額にして1日あたり100円程度、1か月換算で3,000円も安く済む
  • ただし、短時間の外出時はOFFにしたとしても安くならないこともある

夏のものすごく暑い季節、冷房が無いと命に関わるくらい、欠かせない家電となります。

しかし使い方を誤ると、電気代がものすごく高くついてしまいます。

そのため、適切な冷房の使い方を理解して、電気代を少しでも抑えていきたいところですよね。

電気代を抑えるためにエアコンとうまく付き合うのも良いですが、一番効果的なのが電力会社を自分で選ぶこと。

車を所有している方ならENEOSでんきにすればガソリン代も併せて安くなりますし、楽天市場で買い物をする機会が多いのであれば楽天のでんきにすることでポイントをガッツリ貯められますよ。

ENEOSでんきに乗り換える

楽天のでんきに乗り換える