副業

【不安解消】主婦ライターの私が感じた、取材ライティングコースの魅力と受講するメリット

※本記事は「みんなのカレッジ 取材ライティングコース」の実践課題を記事化したものです

「取材ライターに興味があるけど、どうやって始めればいいの?」
「知らない人に取材?私にできるかな…」
「みんなのカレッジ『取材ライティングコース』ならスキルを身に着けられるのか、気になる!」

Webライターには数多くの仕事がありますが、その中でも人気なのが取材ライターです。取材ライターは経営者やインフルエンサーなど、その道で結果を残してきた人から聞いた話を記事化する仕事です。

とはいえ、取材ライターに興味がある人の中には、他人の話を記事にまとめられるのか不安を持っている人が多いのではないでしょうか。取材ライティングのスキルを身に着けたい人におすすめのサービスが、当社が提供している「取材ライティングコース」です。

今回は取材ライティングコースを実際に受講されたなつめさんに、以下の内容を聞いてみました。

  • 取材ライティングコースを受講した経緯・きっかけ
  • 講座を通して得られたこと
  • 受講をおすすめしたい人

取材ライティングコースの受講にお悩みの人は、ぜひ参考にしてみてください。

なつめさんプロフィール
  • 専業主婦歴20年ののち、ブログアフィリエイトを開始
  • アフィリエイト案件で「クラウドワークス」を扱うも、サービスをよりよく知るためにライター案件を受注
    ⇒多くの案件を請け負うようになり、ライター業へ
  • ライター業に取り組むも、自力でスキルアップすることに限界を感じ、みんなのカレッジ「Webライターコース」を受講、その流れで「取材ライティングコース」を受講することに。

なつめさんのTwitterはこちら

専業主婦歴20年の私が取材ライターを目指した理由

なつめさんはWebライターとしてさまざまな記事を執筆しているものの、これまでに取材案件の経験はないとのこと。そこで、なつめさんに取材ライターを目指した理由について聞いてみました。

なつめさん
「取材ライターを目指した理由は、単価を上げて今よりも労働時間を減らしたいと思ったからです。
これまでにライターとして、さまざまなジャンルのSEO記事を執筆してきたものの、単価を上げることに限界を感じていました。
その一方で私は、ライターを始めるまでの20年間は専業主婦として家庭を支えてきたものの、他の人に提供できる特別なスキルはありません。
じゃあ単価を上げる最短ルートはどれだろう、と考えたときに思い浮かんだのが『取材ライター』です。
取材ライターとしてのスキルを身に着ければ仕事の幅が広がり、単価が上がるのではないかと考えました。」

ライターが単価を上げるために資格を取ることも考えたなつめさん。しかし、取得するまでに時間がかかる上に、執筆時間が減ってしまうために断念したとのことです。

取材ライティングコースを申し込んだ理由

取材ライティングを勉強するにあたって、近年では数多くの教材やサービスが出回っています。その中でもなつめさんが取材ライティングコースを選ばれた理由に、以下の2つを挙げてくれました。

  • クラウドワークス提供による
  • 価格がお手頃

なつめさん
「取材ライティングコースを申し込んだ第一の理由は、クラウドワークスが提供していることです。
Webライターに取り組む前にアフィリエイトをやっていて、クラウドワークスの案件で報酬が発生していました。
ただ、実を言うとクラウドワークスがどんなサービスなのか知らないままサービスを提供していて…。
そこでサービスを知るために『Webライター中級コース』を受講してみたところ、とてもタメになりました。
その流れで取材ライティングコースに申し込んだ、という感じです。
あと、取材ライティングコースの受講料がお手頃だったことも、申込みを決断した大きな要因ですね。
特に継続プランを選択することで29,700円⇒16,600円とお得になるので、これなら支払える!と思いました。」

有料の教材を選ぶにあたって、料金がネックに感じる人は多いのではないでしょうか。「みんなのカレッジ」であれば継続プランを選ぶことで、通常よりもお得な金額で、さまざまな講座を受講できます。

継続プランは取材だけでなく他のジャンルを学んでみたい人に、おすすめの料金形態と言えます。

受講したことで取材案件への不安が解消

大切なお金を支払う以上、取材ライティングコースを受講することで「ちゃんとスキルが身に着くのかな?」と不安になる人は多いでしょう。そこで、なつめさんに受講してみての感想を聞いてみました。

なつめさん
「おかげさまで取材ライティングコースを通して、取材案件に対する不安を解消できました!
実は講座終了後に初めての取材案件が控えていて、ちゃんとインタビュイーから話を聞き出せるかが不安を抱えていました。
なので初案件に向けて頑張って理解しないと、と思いながら受講することに。
講座ではゴウ先生が面白い感じにまとめていただいただけでなく、私にとって最適な量であったことから、すんなり理解できました。
特に良かった点は模擬取材の枠があることです。取材経験がない私でも失敗を気にすることなく挑戦できたので、本番前のいい練習になりました。
おかげさまで、初めての取材案件も問題なくこなせそうです。」

取材を勉強するにあたって独学で進める方法もありますが、実践できないことがデメリットとして挙げられます。しかし、取材ライティングコースでは受講生同士で取材の模擬練習をする時間を取っているので、本番さながらの経験を積めます。

取材の練習をしたい人は、ぜひ取材ライティングコースの受講をご検討ください。

スキルアップして単価が上がったら、家族と過ごす時間を増やしたい

最後に、なつめさんに取材ライティングコースでスキルを身に着けた後に実現したいことについて、話を伺ってみました。

なつめさん
「最終的には家族で過ごす時間を増やせたらいいな、と思っています。
現状では朝から晩まで、土日関係なく執筆しているので、家族との時間が取れていません。
家族との時間を確保するためには私自身の記事単価を上げ、長時間働かなくてもいい状態にする必要があると思っています。
取材ライティングを身に着けて単価アップに繋げて労働時間を減らす、これが今の私の目標です。」

取材案件は需要が非常に高まっており、スキルを身に着ければ単価アップに繋がる可能性を秘めているジャンルです。ぜひ、取材ライティングコースを通して取材スキルを身に着け、単価の高いライターを目指してみませんか。

あとがき

「副業を始めてみたいけど、すごく大変そう…」このように考えてしまい、副業に手を出すことをためらっている人は多いのではないでしょうか。

Webライターは資格や専門知識がなくても始められるので、副業の入り口としておすすめの仕事です。もちろん仕事である以上、大変なこともあります。

しかし、Webライターはスキルをしっかり身に着ければ、本業以上に稼げる可能性のある仕事です。本業でクビになったとしても、転職活動せずにそのまま独立する選択肢も持つことができます。

ルリまる
ルリまる
つちまるは会社クビになったから専業ライターに転向したからな
つちまる
つちまる
いやいや、クビではないぞ(;’∀’)

ちなみに、今回インタビューさせていただいたなつめさんに、逆に僕がインタビューされた記事もあるので、こちらもぜひご覧ください!

【総合力で戦えるライターに!取材ライティングコースで広がる可能性

クラウドワークスが提供する「みんなのカレッジ」では取材ライティングを始め、Webライター向けの講座をレベルごとに提供しています。

「副業には取り組んでみたいけどWebライターはちょっと…」という人にはカメラや動画編集、サイト制作など幅広い講座を開催しています。独立前に何かしらスキルを身に着けたい人は、ぜひ「みんなのカレッジ」の受講を検討してみてください。