恋愛

年収が低いあなたがマッチングアプリで彼女をつくるために取るべき戦略

年収低いけどマッチングアプリで彼女をつくりました!!

先日の記事の通り、マッチングアプリで彼女が出来ましたー(^^)/

【祝!マッチングアプリで彼女ができた】ぼくが彼女をつくるまでにやったことと掛かった費用つちまる@tcdtkhsです。 10月くらいから彼女をつくることを目標に、色々と手を打っていましたが、 ついに彼女が出来まし...

マッチングアプリに初めて手を付けてから3年以上経ちましたが、ようやく出来た、という感じです。

いやー、今思うと苦労しましたわ。

やっぱりネックになるのが、年収の問題。

この部分にひっかかったためにかなりの苦戦を強いられたのではないか、と感じております。

この記事では年収に自信が無いあなたがマッチングアプリで彼女をつくるために取るべき戦略について、同じ年収が低い身分でありながら彼女をつくることに成功したぼくが詳しく説明していきますね。

オススメアプリ

マッチングアプリはいくつかありますが、ぼくはOmiaipairsを利用しました。他にも、相性のいい人を見つけやすいwithもオススメですね。

真面目な恋活向けのOmiai

男女とも会員数が多いpairs

あなたに合う相手を選びやすいwith

2018年12月現在のぼくの収入の状況

「低年収っていうけど、実際にお前の状況はどんなもんやねん」って聞かれると思うので、まずぼくのお金の状況について説明していきます。

まずぼくの年収ですが、ほぼぴったり300万円くらいです。

20代後半の平均年収が344万円というデータがあるので、まあ低年収という部類に入れていいでしょう。

ちなみにこれは本業での額面収入+ブログ収益の合計金額です。

<内訳> 収入
本業 23万円×12ヶ月
ブログ収益 1.2-1.5万円×12
合計 297-301万円/年

ブログ収益は変動こそありますが、だいたい1.2-1.5万円くらい。ここ1年間くらいこの範囲内で収まっています。

具体的に過去1年間の金額は出していませんが、これで大体297万~301万円くらい。

どちらにしても低年収と定義していい数値でしょう。

低年収男性の人がマッチングアプリで置かれている状況について

続いてマッチングアプリに登録しているけれど、年収が低い男性の状況についてです。

端的に言ってしまうと、かなり厳しい状況に置かれていることは理解しましょう。

この理由は大きく3つ

  • どのアプリも大体男性会員の方が多い(比率にして、良くて6:4くらい)
  • 男性はいいね!をもらえる数が女性に比べると人気会員に密集してしまう
  • 女性が年収で絞り込んでしまうと、検索に引っかからなくなる

ちょっとそれぞれ見ていきますね。

マッチングアプリは男性会員の方が多い

マッチングアプリは基本的に男性会員の方が多いです。

例えばぼくが彼女と出会うきっかけになったOmiaiは6:4というデータがあります。

しかし6:4なら男性目線から見てまだいい方で、たいていのアプリは7:3くらいの比率のところが多いようです。

そのため、男性会員はどうしてもあぶれてしまうことになってしまうわけなんですね。

男性はいいね!の数が上位会員に集中してしまう

これはネットでよく聞く話なのですが、男性の場合だといいね!をもらえる数が女性に比べると上位会員に集中してしまう傾向があるそうです。

以下に参照するサイトでpairsを基に詳しく調べられたデータがあるのですが、女性の場合は一番多い層が50-60いいね!に対し、男性の場合だと5いいね!未満が最も多い層となっています。

男性の場合、いいね!数が5未満の会員数は1200人中400人、つまり3人に1人はまともにアプローチをもらえていないということになってしまいます。

このことから考えて、スペックの低い男性がマッチングアプリで目立つのはかなり至難の業と言えますね。

ルリまる
ルリまる
年収程度で決める女なんて安いだけじゃねーのか?
つちまる
つちまる
年収だけで決めるのは確かにマズいけど、結婚も見据えた付き合いと考えると、捨てられない要素だよね。きれいごとだけじゃやっぱり生活できないし
ルリまる
ルリまる
ふむ、そういうものなのか
つちまる
つちまる
実際にアプリによっては同性の人気会員のプロフを見ることが出来るんだけど、ほぼ例外なく年収が高かったり(500万以上)大手勤め・公務員だったりするんだよね

低年収だと女性からの検索に引っかからなくなることも

マッチングアプリで異性を検索するときに、条件を絞り込むことが出来ます。年収で足切りすることももちろん可能。

となると、年収で絞り込んで検索する女性がいるとそもそも目に留まらなくなってしまいます。

必然的にあなたのプロフページに訪れる人が高年収の人に比べて少なくなるので、マッチングできる確率も下がります。

自分のストライクゾーンを広げることもいとわないこと

年収を上げられる見込みがあるのであれば構いませんが、もしあなたが今の年収よりも上がる見込みが無い・もしくは少ししか上がらないのであれば、異性に求めるハードルを下げるべきです。

若くて、可愛くて、愛嬌もあって、料理も出来て、などなど相手に求めるものはそれぞれあるでしょうが、今のあなたがそう言った女性を狙うに値する男でしょうか。

少なくともぼくは、そうではありませんでした。

なのでぼくもアプローチする女性のストライクゾーンを広げて探してみました。

当初は対象の年齢を26-32歳あたり(現在29歳なので±3歳くらい)で探していたところを、35歳くらいまでに広げて探してみたりしました。

結果的に当初探していた範囲内の30代前半女性と付き合うことが出来たんですけどね。

つちまる
つちまる
ちなみにぼくがストライクゾーンを広げた方法はあくまで一例ね。てか34歳以上の女性とはマッチングできなかったなぁ

ちょっと語弊が生じそうな内容なので一言追記。

ぼくが狙っている年齢層を上にしたのは、婚活市場において一般的に言われている「女性は若い方(20代)が価値がある」に基づいて実施したものです。

とはいえ30代以上でもスペックが高い方にはめちゃくちゃいいね!が集まってくるので30代女性を狙うのも当然ながら難しいです。

低年収男性会員が取るべき4つのマッチングアプリ戦略

年収の低い男性が置かれている状況がかなり不利であることをご理解いただいたところで、ここからは年収の低い男性が取るべき戦略について詳しく解説していきます。

取るべき戦略としては大きく4つ

  • プロフ写真をちゃんとしたものにする
  • ターゲットを選定し、その層が興味・関心のあることを把握する
  • 自分の人間性・性格について具体的に記載する
  • 趣味などについて具体的に書く

プロフ写真をちゃんとしたものを用意する

前の記事でもお伝えした通り、プロフ写真はちゃんとしたものを用意しましょう。

プロフィールを見てもらう前にまずプロフ写真で興味をひかせられないとお話になりません。

友達に撮ってもらうでも構いませんが、ガチで戦うのであればちゃんとしたカメラマンに有償でお願いするようにしましょう。

年収云々の前に、プロフィールを見てもらわないとお話にならないですからね。

実際に女性会員であっても、目に留まる写真ほどきれいに撮った写真であることがほとんどです。

カメラマンに撮ってもらうとしたら、「どんな写真を準備するか」という話になりますよね。

ぼくの場合は、マッチングアプリに使った写真はこんな感じのものを使いました。

<使った写真リスト>

  • 全身が写った写真(笑顔)
  • 笑顔の表情のアップ写真
  • 趣味が分かるような感じの写真(ぼくの場合は写真なので、カメラを持って構えている写真を撮ってもらった)
  • 決めポーズっぽい感じで真顔の写真

どんな写真がいいのかは正解は無いですし、あなたのキャラ・雰囲気によって変わってくるので、あくまで参考程度になればいいな、と思っています。

 

ただし、写真を加工修正し過ぎたり、盛りすぎたりしないように注意した方がいいです。

マッチングアプリでミスマッチが起こる大きな要因として、写真とは別人が出てきた、というケースが多いそうです。

実際にぼくも色んな女性と会ってきましたが、「あれ、写真と違う…」と思ったことは多々ありました。

男子諸君に想像してもらいたいのですが、写真だと好みの女性だと思って会うまで楽しみにしてのに、実際に会ってみたらそうでもない人が来た、なんてことになったらテンション下がっちゃいますよね。

これ、逆に自分たちもやってしまうこともあり得る話なので、そうならないように素敵な写真で且つありのままの自分を載せるようにしましょうね。

狙う女性のターゲット層を選定し、その層が興味関心のあることを把握する

低年収というハンデを持って戦う以上、何の対策も無しに挑むのは、負けに行くのと同じようなものです。

負け戦にならないようにするためには、戦略を練る必要があります。

ここでいう戦略とは何かというと、狙いに行く女性層の選定と、その女性が興味・関心のあることを知ることです。

例えば20代前半の女性であれば、結婚よりも仕事だったり趣味だったりする人が多いと思います。

その反面、30代になると結婚というものから目を背けられないくらいの関心事になっていると想像できます。

ということはつまり、あなたが付き合いたいと思える女性がどんなことに興味・関心があるのかを知ることで、アピールポイントが変わってきます。

ルリまる
ルリまる
ちなみにつちまるがマッチングしたいと思った女性はどんな層になるの??
つちまる
つちまる
30代のゆるふわ系女子がいいなぁ、って思ってた。だから、その層の女性がどんなことに関心があるのかをリサーチしたよ

自分の人柄・価値観について詳しく書いて「この人とならいいかも」と思わせる

さて、年収が低いことで不利な戦いを強いられることは書いたとおりですが、じゃあ女性が年収だけで男性を選ぶかというと、そうではありませんよね。

高年収でも一緒にいて面白くなかったり、価値観が合わないような人だったら交際に至ることはありません。

そこで、プロフ文章に自分の性格・価値観・人間性について具体的に記載することでそれを読んだ女性会員に「この人と一緒にいたら楽しそう」とイメージさせるくらい書くようにしましょう。

ぼくが上手く行った一つの要因にこれがあるんじゃないかな、と思っています。

<ぼくがプロフ文に書いたこと>

  • 周りの人から言われる自分の性格
  • 人づきあいで大切にしていること
  • どんな関係性を築いていきたいか

このことを、ぼくがターゲットにしていた「30代ゆるふわ系女子」の興味・関心に合わせてプロフ文を作成していきました。

自分がどんな性格なのかよく分からない、という人はストレングスファインダーとかやってみて、自分の強みとかをまず見つけ出すのがいいですね。

自分の強みを把握できるようになると、自分が普段の生活で何に対して貢献できているか人と接するときにどんなことを大切にしているか、を知ることが出来るようになります。

ぼくはストレングスファインダーはすでにやっていたのですが、この結果だけでプロフ文に書ける自身が無かったので、自己理解のオンラインサロンMeeeラボに入会してより突き詰めていきましたね。

なお、Meeeラボについては2019年1月をもって閉鎖しています。

趣味など相手と共通の話題があった時に盛り上がりそうなものを盛り込む

一緒にいるからにはやっぱり楽しく過ごせるかどうかって大切ですよね。

楽しく過ごすための一つの方法が、お互いに共通の話題があること。

他人より突き詰めた趣味がある人はそれについて書いていき、同じような趣味を持っている人をターゲットにするのもアリ。

実際にぼくはサッカー観戦が好きなのですが、今付き合っている彼女と一番最初にした会話が確か

つちまる
つちまる
「サッカー観戦が好きなんですね!どこのチーム応援してるんですか??」

でした。

共通の話題があると話のとっかかりを掴みやすいですからね。

ただし趣味の話題ばっかりになると、「独りよがり」と思われて却って引いてしまうリスクもあります。

相手が引かない範囲で書くのがいいかも。

「あなたと一緒に楽しみたいんです」のスタンスがいいでしょうね。

年収は公表すべき?しないべき??

さて、マッチングアプリのプロフィールの年収欄ですが、非公表にすることもできます。

ぼくも最初は非公表にしていたのですが、全然マッチングしませんでした。

そこで年収を公表したところ、マッチングの数がちょこっと増えました。
(Pairsであれば200-400万、Omiaiは300-500万)

実際にどのくらい増えたのかは数字を取っていないのではっきりとお話はできず感覚的な部分ですけど。

年収が低くても公表した方がいいでしょうね。

非公表だと却って「何か隠してるのかな?」とか相手の方に余計な勘繰りを与えてしまいかねないので。

まとめ

というわけで低年収男性のマッチングアプリ戦略についてまとめていきます。

  • ほとんどのマッチングアプリでは男性比率が高い。よって低年収はより不利な状況であることを認識しろ!
  • 年収を上げられる見込みが低いならストライクゾーンを広げろ!
  • プロフ画像をちゃんと用意しろ!プロフ画像で「いいかも」と思わせないと、話にならない
  • プロフ文には自分の性格・価値観・趣味などについて具体的に書き、「この人と一緒にいたら楽しそう・落ち着けそう」とイメージさせるような内容を書け!

実際のところ、年収が低い男性がマッチングアプリで戦い抜くのはかなり苦戦を強いられます。

しかし戦い方によっては理想の相手を見つけることもできるので、これから彼女が欲しいという人は頑張ってくださいね。

おかげさまでぼくは、一緒にいて落ち着けて、何でも話せるステキな人と付き合うことが出来ましたので。

真面目な恋活向けのOmiai

男女とも会員数が多いpairs

あなたに合う相手を選びやすいwith