保険

自動車保険を他社に乗り換えたら、年間5000円程安くなった

つちまる@tcdtkhsです。

今年の3月で今契約している自動車保険が切れるってことで、新しく自動車保険の契約を結びなおす時期になりました。

そこで気になったのが、自動車保険は今の会社で継続した方がいいのか、それとも別の業者に乗り換えた方がいいのか、という問題。

次の3月で自動車保険を利用するのは3年目。前回の更新の際は、特に考えず今の保険会社で継続したんですよね。

ただ、何事もやってみないと分からない、というのが節約というもの。

そこで今回は自動車保険は継続した場合と、別の会社に切り替えた場合でどちらが安くなるのか、実際に比べてみました。

20代独身、自動車保険はこうやって選ぼう!必要な補償・不要な補償についてまとめてみた自動車をお持ちの皆さん、自動車保険には加入していますか? ぼくはちゃんと加入しています。 「実は加入していない人」や「加入し...

現在の自動車保険のプランと費用

まずぼくが実際に加入している自動車保険のプランです。

自動車保険プラン
  • ノンフリート等級:7F等級
  • 免許:ブルー
  • 対人補償:無制限
  • 対物補償:無制限
  • 人身傷害補償保険:5,000万円
  • 搭乗者傷害保険:1,000万円
  • 無保険車傷害保険:2億円
  • 自損事故保険金額:1,500万円
  • 弁護士費用等補償特約
  • 対物差額修理費用補償特約
  • 車内外身の回り品補償特約(30万円)
  • 個人賠償責任危険補償特約(1事故につき1億円)

これだけの補償を付けて、年間で49,090円でした。

同じ保険会社で継続見積もりを取ってみた

まずは同じ保険会社でどのくらい保険料が変わるのか、見積もりを取ってみました。

ちなみに無事故運転なので、ノンフリート等級は上がります。

そのため同条件であれば保険料は前回よりはいくらか安くなります。

ノンフリート等級

事故歴に応じた保険料の割引・割り増しを適用する制度。

年間で保険を使った事故が無ければ、次年度に1等級上がり、割安になる。

反対に保険を使った場合は事故によって最大3等級下がり、割高になる。

始めは6等級からスタートし、最低で1等級、最高で20等級まである。

同じ条件で保険見積もりを取ってみた場合

まずは上記と全く同じ条件で見積もりを取ってみました。

無事故ということで等級が1ランク上がっているので保険料はいくらか下がるはずです。

同じ保険会社で継続という形で見積もりを取ってみたところ、44,250円であることが分かりました。

今年度は49,090円なので、5,000円程安くなる見込みです。

とはいえせっかくのいい機会なので、補償内容を見直してみることにしました。

弁護士費用等補償特約をつけることにした

補償を見直してみたところ、弁護士費用等補償特約は欲しいなと思ったので、この特約を付けることにしました。

弁護士費用等補償特約

通常被害者の過失が0(もらい事故等)の場合、保険会社は示談交渉を代行してくれない。

その時に弁護士費用等補償特約があれば、こちら側の過失が一切なくても弁護士が代わりに示談交渉をしてくれる

こちら側に一切の非が無いのに、示談交渉を全部自分でやらないといけないというのは、本当にダルイですからね。

もらい事故を受けることも十分にあり得るので、今回保険料が安くなった分を利用してこの特約を付けることにしました。

この特約を付けることによる見積もり費用は、49,720円

今契約中の保険プランとほぼ同額でした。

ルリまる
ルリまる
見直した補償はこれだけ?
つちまる
つちまる
これだけ。ほかにも車両保険を付けようか考えたけど、保険料が跳ね上がるから止めたんだよね

さて、保険会社を切り替えることでこの金額よりも安くなるのか、実際に見積もりを取ってみました。

インズウェブで一括見積を取ってみた

というわけで他社の見積もりをとるうえで実際に一括見積サイトを使って取ってみました。

今回利用した見積サイトは、インズウェブというサイト。

上記と同じ条件で検索したところ、3つの保険会社から見積もりを取ることが出来ました。

その3つと今の会社の見積もりを取った保険料を見比べてみたところ、安いところが1社ありました。

その金額はなんと、44,560円

継続した場合に比べて5,000円ほど安くなることが分かりました。

インズウェブで見積もりを取る

自動車保険料についてまとめ

保険料についてまとめていきます。

現在と同条件 +弁護士補償特約
継続した場合 44,250円 49,720円
切り替えた場合 38,010円 44,250円
差額 5,470円

今回は保険会社を切り替えたほうが年間で5,000円以上も安くなることが分かりました。

継続するほど安くなるって仕組みでも無いんですね、保険って。

けど調べてみたら、自動車保険の乗り換えはしない人が結構多いみたいです。

少し古いデータですが、53.0%の人が手間が掛かることを理由に切り替えをしないんだとか。
参照:https://www.carhoken-tokoton.com/norikae/mankimae.html

しかし自動車保険の乗り換えは、手続きがめんどうくさいという理由で乗り換えをなかなかしない方もいらっしゃいます。

少し古いデータになりますが、「他社に切り替えない理由」として、最も多いのが「めんどうくさい」が53.0%でダントツです(電通リサーチ社2009年調査よりの引用)。

ちなみにぼくは乗り換え手続きを行うまでに1時間も掛かっていません。

単純計算にして、時給換算にして5000円相当も得ることが出来たのです。

結論:とりあえずまず見積もりやってみたらいい

この記事の結論としては、まず見積もりを取ってみよう、ということです。

乗り換えたところで安くならないだろうな、と思っていても、意外と安くなったりすることがあるかもしれません。

というか、ぼくは実際に同じ補償プランでも5,000円も安くなりました。

見積もりを取るだけならお金が掛かることもありません。せいぜい車検証に記載されている情報を入力する時間が取られるだけです。それもせいぜい15分程度。

契約しなくてもお金もかからないですし、安くなるのなら儲けものでしょう。

なので、自動車保険が満期に近づいているのであれば試しに一度、見積もりだけでも取ってみてはいかがでしょう。

インズウェブで見積もりを取る