エポスカード

エポスカードプラチナのインビテーションが来たあなたがランクアップ前に確認してほしいこと

キャッシュレス生活なので毎月のカード請求額が多いつちまる@tcdtkhsです。

ぼくが普段使っているエポスカードですが、最近プラチナカードの招待が届きました。

カードのランクを上げる権利をいただけたので、還元率を上げられるので嬉しいところですが、

そもそもプラチナカードってメリットあるのか??と疑問に。

つちまる
つちまる
所得も低いし必要なもの以外にお金使わないからランク上げる意味ってあるのかなぁ

というわけで今回は、エポスカードプラチナはぼくみたいないわゆる低所得層にもメリットがあるのかどうか、検討してみます。

「というかエポスカードってどんなカードなの?」と気になる方はまずこちらの記事をどうぞ。

あわせて読みたい
エポスカードのお得な使い方を解説。お得に利用できる4つの場面つちまる@tcdtkhsです。 今日も元気にキャッシュレスでの節約に励んでおりますよ。 まだ現金持ち歩いてるの?? 今...

エポスカードゴールドとプラチナの違い

エポスカードには3つのランクがあり、普通→ゴールド→プラチナの順でランクが高くなります。

今ぼくが持っているのがゴールドカード。

まずエポスカードのゴールドとプラチナで何が違うのか比較していきます。

この二つで大きく違うのは4つ

  • 年会費
  • ボーナスポイントの設定額
  • 旅行保険の待遇
  • 誕生月におけるサービス

それぞれ詳しく見ていきますね。

プラチナでは年会費が高い

まず大きく違うのが年会費。

ゴールドは年会費5,000円ですが、年間50万円以上利用することで翌年以降永年無料になります。

恐らくプラチナのインビテーションが届いたあなたはすでに今使っているゴールドカードの年会費が免除になっているのではないかと思います。

ぼくもゴールドにランクアップした初年度に年間利用額50万円を突破してるので、年会費は払っていません。

しかしプラチナでは年会費が30,000円かかります。高ランクなので年会費がやはり高いです。

ただしプラチナのインビテーションがエポスカードから届いた時にランクアップをすれば年会費を20,000円に下げることができます。

インビテーションに記載されている期日を過ぎてからランクアップをすると通常年会費30,000円になってしまいます。

なので年会費20,000円に惹かれるのであれば早急にランクアップしてしまいましょう

ボーナスポイントの設定額が違う

エポスカードに設定されているボーナスポイントの設定金額も全然違います。

ゴールドの場合は以下のようになっています。

年間利用額 ボーナスポイント
50万円以上 2,500エポスポイント
100万円以上 10,000エポスポイント

100万円より上の金額は設定されていないので、200万円使っても1,000万円使ってももらえるボーナスポイントは一律10,000エポスポイントとなります。

 

しかしプラチナでは100万円から上限1,500万円まで設定されています。

年間利用額 ボーナスポイント
100万円以上 20,000エポスポイント
200万円以上 30,000エポスポイント
300万円以上 40,000エポスポイント
500万円以上 50,000エポスポイント
700万円以上 60,000エポスポイント
900万円以上 70,000エポスポイント
1,100万円以上 80,000エポスポイント
1,300万円以上 90,000エポスポイント
1,500万円以上 100,000エポスポイント

同じ100万円以上でも、ゴールドであれば10,000円相当に対してプラチナであれば20,000円相当に還元されるポイントが上がります。

そして支出が高い人ほどプラチナカードの恩恵を受けられることになります。

旅行傷害保険が手厚い

クレジットカードに付帯されている旅行傷害保険もプラチナではワンランク手厚くなります。

ゴールド プラチナ
傷害死亡・後遺障害 最高1,000万円 最高1億円
傷害治療費用 300万円 300万円
疾病治療費用 300万円 300万円
賠償責任(免責無) 2,000万円 1億円 

旅行の際にはこういうトラブルが起こらないに越したことは無いのですが、それでも何かあった時にこういった補償があると助かりますよね。

自動付帯なので保険加入の手続きも必要なしです。

プラチナ限定、誕生月はポイントが2倍

プラチナにしかついていないサービスとして、誕生月はポイントが2倍付与されます。

エポスカードで買い物をすると、通常は200円ごとに1ポイントたまるのですが、誕生月にエポスカードで決済をすると200円ごとに2ポイントも付与されます。

200円ごとのポイント 通常月 誕生月
マルイでの利用 2ポイント 4ポイント
その他店舗での利用 1ポイント 2ポイント
ルリまる
ルリまる
つちまるの出費に当てはめると何ポイント多くもらえるの??
つちまる
つちまる
エポスからの請求は毎月10万くらいだから、本来500ポイントのところが1,000ポイントになるのかな
ルリまる
ルリまる
なるほど、つまり誕生月だけ500円相当が更にお得になるわけだ

普段は支出をギリギリに抑えて、誕生月に一気に買い物をすれば、かなり効率よくポイントを貯められそうですね。

これ以外にもエポスポイントを効率よく貯める方法について書いているのでこちらも併せてどうぞ。ゴールドカードにも使えますよ。

あわせて読みたい
エポスポイントを年間2万円相当貯めたぼくが効率的な貯め方とお得な使い方を説明しようキャッシュレスにしたら年間で2万円相当を節約できました、つちまる@tcdtkhsです。 みなさんクレカはどんなものを使っていますか...

その他プラチナ会員の特典

このほかにもプラチナ会員にランクアップすることでこんなお得なことがあります。

  • 空港ラウンジに同伴者を無料で帯同できる(ゴールドでは本人のみ無料)
  • 会員限定グルメクーポンで本人分のコース料理が無料(二人以上の利用が条件)
  • 年会費無料でコンシェルジュを利用でき、旅行の相談やレストランの予約が出来る

高額な年会費が掛かるだけあって、色々なサービスが手厚くなっているので上手く使えればかなり面白いと思います。

エポスカードプラチナで得する人・損する人

エポスカードプラチナにランクアップすることで、いろいろな面で手厚い待遇を受けることが出来ます。

一方で年会費がかなり高いというのも事実。

正直、カードの利用額が低いならゴールドの方が全然マシなのは間違いありません。

ではプラチナにランクアップすることでお得になるのは年間利用額がいくらからでしょうか。

実際に計算してみました。

年間利用額 ボーナスポイント 通常時獲得ポイント 合計獲得ポイント
100万円以上 20,000ポイント 5,000ポイント 25,000ポイント
200万円以上 30,000ポイント 10,000ポイント 40,000ポイント
300万円以上 40,000ポイント 15,000ポイント 55,000ポイント
500万円以上 50,000ポイント 25,000ポイント 75,000ポイント
700万円以上 60,000ポイント 35,000ポイント 95,000ポイント
900万円以上 70,000ポイント 45,000ポイント 115,000ポイント
1,100万円以上 80,000ポイント 55,000ポイント 135,000ポイント
1,300万円以上 90,000ポイント 65,000ポイント 155,000ポイント
1,500万円以上 100,000ポイント 75,000ポイント 175,000ポイント
ルリまる
ルリまる
おぉー!還元されるポイントだけでつちまるの月収とほぼ同額じゃないか!
つちまる
つちまる
余計なこと言わなくていいから

実際には年会費2万円掛かるので、還元される金額は上の表の合計ポイントから2万円をひいた額になります。

ではゴールドの場合、合計ポイントがいくらになるのか計算してみます。

ボーナスポイント 通常獲得ポイント 合計ポイント
50万円以上 2,500ポイント 2,500ポイント 5,000ポイント
100万円以上 10,000ポイント 5,000ポイント 15,000ポイント

プラチナの年会費を差し引いた金額をゴールドと比較してみます。

ゴールド プラチナ
100万円以上 15,000円相当 5,000円相当
200万円以上 20,000円相当 20,000円相当
300万円以上 25,000円相当 35,000円相当

上の表から、年間利用額200万円未満であればゴールドの方がお得、200万円でトントン、300万円以上でプラチナの方がお得ということが分かりました。

ここに誕生月限定ボーナスポイントも加わることになるので、200万円であってもプラチナの方がお得になると言えます。

ちなみにぼくのエポスカードの12か月間の利用金額を計算してみたところ、116万円くらいでした。

仮にこの金額をプラチナで当てはめた場合、年会費を差し引いても5,800円相当しかプラスになりません。(ゴールドであれば15,800円相当)

ということを考えると、利用額が低いにもかかわらず安易にカードランクを上げるのは却って損をすると言えます。

エポスカードゴールドとプラチナでは年間利用額200万円がトントンになるライン。200万円未満であればゴールドの方がお得でそれ以上ならプラチナの方がお得

まとめ

というわけでエポスカードプラチナについてまとめていきます。

<エポスカードゴールドとの違い>

  • ボーナスポイントがゴールドでは100万円以上一律に対して、プラチナでは上限が1,500万円まで引き上げられている
  • 誕生月でポイントが2倍になるのはプラチナのみ
  • カードに付与される旅行保険においてもプラチナの方が手厚く設定されている

 

<プラチナにランクアップした方がお得な人>

  • 年間利用額200万円以上であればプラチナの方がお得。年会費2万円を差し引いてもゴールドよりもポイントが多く得ることが出来る。
  • 2万円払ってでも手厚い旅行保険や様々な待遇を受けたい人

非常に魅力的なサービスが付与されているエポスカードプラチナですが、高額な年会費を気にせずにランクアップしてしまうと、年会費の元を取れずゴールドの方が得していた、というオチになることも。

けどこのサービスを年間2万円払ってでも受けたいと思えるのであればランクアップする価値はあると言えますね。

ルリまる
ルリまる
じゃあ最後につちまるに聞くけど、今回のインビテーションでランクアップはするの?
つちまる
つちまる
(次あるか知らないけど)今回は見送りかなぁ。年会費の元はまず取れないし、かといって2万円払ってでも受けたいサービスじゃないから

というわけで今日はこの辺で。