貯金

貯金しながら投資が出来る??貯金口座を開設する代わりにロボアドバイザーに預けるという選択肢

毎月貯金はしているけど、このままでいいのか?と不安を抱えていませんか。

つちまる@tcdtkhsです。

節約をしたことで貯金が出来るようになると嬉しいですよね。

けど、貯金だけじゃ不安…と言う人もいるかと思います。

銀行口座に預ければ金利でお金が増えていく、というのは2,30年も前の話。

今は銀行口座に預けたとしてもほぼ0%、増えることはありません。

だったら、貯金と投資を両方すればいいのでは??と言うのが今回の記事。

今流行りのロボアドバイザーを使えば、貯金と投資を両立できるかもしれません。

貯金口座に預けたお金は減っていく!?

このブログを読みに来てくれた人の中には、貯金口座を持っている人は多いのではないかと思います。

一つにまとめてしまうとつい使い過ぎてしまう可能性がある、と言うリスクをおさえることができるので貯金口座はあると便利ですよね。

ではここで質問。貯金口座に預けたお金は増えますか?減りますか??

ルリまる
ルリまる
最初に「お金は増えない」って言ってたよな?かといって預けたとしても手数料は取られないから答えはどちらでもない、だな

数字上は減らないが、”価値”として見ると下がっている

ルリまるのお話の通り、銀行口座のお金は、何もしなければ数字上は減ることはありません。

どころか、本当に微々たる数字ですがわずかな金利で増えることもあります。

しかしあなたの周りのものの値段、確実に数年前よりも値上がりしてませんか??

実際にぼくが毎週愛読している少年ジャンプの2018年現在の値段と20年前の値段を比べてみました。

少年ジャンプの値段はこちら

発売期間 値段(税込み) 備考
97/9-98/4 210円 当時消費税5%
04/4-08/5 230円 同上
17/10-現在 260円

参考:Wikipedia 少年ジャンプ

ルリまる
ルリまる
20年間で50円も上がってるー!!

そうなんです、20年前に210円だった少年ジャンプは現在、50円も上乗せして買わないと手に入らないのです。

20年前に比べて24%も値上がりしているという物価上昇に見舞われています。

つまり、20年前に預けたお金が今にかけて変わっていない場合、額面は同じでもお金の価値としては”下がっている”ということになります。

モノの値段についてはご存知の通り、ありとあらゆる商品・サービスの値段も上がっています。

預金口座の数字は変わらないが価値は確実に落ちていく

預金口座の数字は確かに変わりません。

しかし、ありとあらゆるものやサービスの値段は上がっているので、相対的にお金の価値はどんどん下がっていくのです。

つまり、口座に預けているお金は実質的に目減りしているのです。

ルリまる
ルリまる
預けているのにお金が減っているって、これからどうすればいいの??
つちまる
つちまる
貯金は貯金で大事だと思うよ。けど、お給料以外に増やす必要が出てくるね
ルリまる
ルリまる
副業とか??
つちまる
つちまる
も一つの方法。あとは、眠っているお金に働いてもらえばいいんじゃないかな

投資初心者が手軽に始められる「ロボアドバイザー」という選択肢

ぼくたちが自分たちの価値を高めるために働くように、お金にもお金の価値を高めるために働いてもらえばいいのです。

その方法が、投資。

ルリまる
ルリまる
株とかFX、不動産をしろってこと??
つちまる
つちまる
一つの方法だけど、初心者にはリスクが高いからオススメはできないかな。それに勉強すること山ほど出てくるし

株や不動産は元金がかなり必要になるうえにリスクが大きいので初心者にはオススメできません。

そこでお勧めなのが、ロボアドバイザーと言うものを使って自分のお金を自動で運用し、投資に回してもらうという方法です。

ロボアドバイザーとは

ロボアドバイザーとは、投資を行う際に掛かる手間をすべて自動化で行ってもらえる投資サービスとなります。

画像:https://www.wealthnavi.com/

初心者にはかなり難しい、資産配分や金融商品の選定、その他もろもろの手続きをプロの人たちに任せてくれるので非常に始めやすいサービスなのです。

ロボアドバイザーのメリット

ぼくは今、Wealth Naviを使って7ヶ月くらいになりますが、使ってみて感じたメリットが3つあります。

自分に合った資産運用プランを決められる

まず自分に合った資産運用プランを決めることが出来ます。

リターンは少ないけどリスクを抑えられるプランから、リターンは多い反面リスクも大きいプランまで。

自分に合った資産運用のタイプを事前に決めたうえで運用してくれます。

ちなみにぼくは、極力リスクを取りたくないタイプなので極限にリスクが少ないプランを選んでいます。

投資に関して勉強する必要が無い

ぼくは実は、ロボアドバイザーを始める前に自分で投資信託をやってみたのですが、勉強しないといけないことが多すぎるんですよ。

色んな株があって、色んな専門用語が並んでいて、投資初心者のぼくには頑張ろうという気持ちは全く起きませんでした。

しかしロボアドバイザーであれば自動で適切に運用してくれるのでその辺の勉強をする必要が全くないのです。

ロボアドバイザー簡単比較

ロボアドバイザーと言っても、色々なところがサービスを出しています。

ぼくはWealth Naviしか使ってないので、他のサービスはよくわかっていないのですが、大まかには変わらないのではないかと思います。

差別化されている点としては、最低投資金額とかの始まりのハードル、後は特典とかですかね。

今回は「Wealth Navi」「THEO」「楽ラップ」の3つのロボアドバイザーを比較してみました。

最低投資金額 手数料 出金日
Wealth Navi 10万円~ 年率1% 3営業日後
THEO 1万円~ 年率1% 3営業日後
楽ラップ 10万円~ 年率0.702% ※ 1営業日後

※固定報酬型の場合

最低投資金額が一番低いのがTHEOの1万円。

他の2サービスは始めるために10万円必要になるのですが、THEOであれば1万円から始めることが出来るので、ハードルが一番低いと言えます。

 

手数料については楽ラップが一番安いですね

他よりも手数料が7割程度と言うのはありがたいところ。

楽ラップの最大のポイントは、楽天スーパーポイントを投資に回すことが出来るという点。

なので、楽天ユーザーがロボアドバイザーを使うのであれば間違いなく楽ラップを使うのがお得と言えます。

ロボアドバイザーは貯金口座としても使える??

諸々の手間が省けたりすることから、ロボアドバイザーを使うのは投資初心者としてはメリットは大きいです。

で、ぼくはこれを貯金口座としても併用し、「貯金」と「投資」を両立できるのではないかと考えています。

上のグラフより、出金する際はやや時間はかかりますが出来るのに加え、出金手数料も掛かりません。

つまり、リアルタイムでは引き出せないものの貯金口座としても役立てるのではないかと言うことです。

銀行口座は増えない、ロボアドバイザーなら増やせる可能性

先述の通り、銀行口座に預けても金利はほぼ0%なので増やせる見込みはほぼ無いです。

しかし、ロボアドバイザーに預けて運用してもらえれば年率でいくらかお金を増やせる可能性があります。


このように、投資に回すことでお金が増えていく可能性が十分にあるのです。

簡単に引き出そうと思わなくなる

口座預金ではなく投資にかけているため、簡単に引き出そうとは思わなくなりましたね。

実際に初めて7か月間、一度もまだ引き出していません。

今引き出してしまうと、数年後に損した気分になっちゃって。

以前は銀行口座に給与振り込みとは別の貯金専用口座を設けていたのですが、大きな出費があるとつい使ってしまうんですよね。

気軽に引き出せる状況を潰すという意味でも、ロボアドバイザーで貯金というのはアリかな、と思います。

ただし、減額のリスクも

貯金と投資の両立が出来ると言えば聞こえはいいですが、実際にリスクもあります。

ロボアドバイザーは「投資」である以上、やはりマイナスになる可能性はどうしても避けられません。

事実、偉そうにお勧めしているぼくは現時点で3500円程赤字状態ですww

プラスに転じていた時期もあったのですが、7か月間は元本割れの時期の方が圧倒的に多いです。

Wealth Naviは長期運用向けなので、目先の赤字はしょうがないかな、と割り切って継続していますが。

まとめ

まとめていきます。

  • 今銀行口座に貯金していても、インフレによって実質目減りする
  • じゃあその貯金をついでに投資に回すためにロボアドバイザーに預けてみるといいのでは?
  • 長期的な目線で見ると、貯金が増えていく可能性あり
  • ただし減る可能性もアリ。ぼくは現在3500円マイナスw
  • 実際にやってみて、銀行口座に預けていたときに比べて引き出そうという気が起きなくなったので貯まりやすくなった

ぼくが損しているように、リスクがある以上絶対におススメできる方法ではありませんが、普通に銀行口座に預けるよりは資産が増える可能性は十分にあるので試しにやってみてはいかがかな、と思います。

2019/9/30追記:投資は投資、貯金は貯金で割り切った方が良かったです

追記しました。

あれから色々と資産運用をやりながら思ったのですが、投資は投資、貯金は貯金として目的に応じて使うべきでした。

理由としては、マイナスの状態の時に引き出すことになってしまったら、明らかな赤字になるからです。

ぼくが先述のように考えていたのは、複利によって右肩上がりになると考えていたからなのですが、

昨今の情勢から積み立てをしてても利回りがプラスになるとは限らないのが実情。

ということを考えるとやはり、投資と貯金は割り切って別の方法で実施した方がいいですね。