キャッシュレス

キャッシュレス還元事業開始までに持っておきたいクレジットカード・決済手段をまとめてみた

2019年10月に始まる消費税増税、この日からキャッシュレスと現金とではお得度に大きな差が出るかもしれませんよ。

消費税増税に伴って、政府主導でキャッシュレス消費者還元事業が実施されます。

そのときにキャッシュレス決済すると、最大で5%も多く還元されるのです。

かといって、全てのクレジットカード・スマホ決済でその恩恵を受けられるわけではありません。

指定されたカードで決済をしないと、還元されないので注意が必要です。

そこで今回は、キャッシュレス消費者還元事業で対象になっているクレジットカード・スマホアプリの中でおススメの決済方法をピックアップしてみました。

まずはキャッシュレス還元事業の説明を簡潔に

以前のブログでも書いたのですが、キャッシュレス還元事業とは何なのか、ということをここで簡単に説明します。

2019年10月からキャッシュレス還元事業が開始!今から現金を手放そうつちまる@tcdtkhsです。 お金に関する今年一番の動向と言えば、消費税が10%に引き上げられることでは無いでしょうか。 ...

キャッシュレス還元事業とは、消費税増税初日の2019年10月1日から2020年6月30日までの9か月間で実施される、指定の店舗でキャッシュレス払いをした場合に消費者に還元されるというものです。

その際の還元ポイントは国から支給されるので、まぁ平たく言えばクレカとかスマホ決済すると国からポイントがもらえて節約できる、と解釈していいでしょう。

還元率は最大5%ですが店舗によって決められており、今分かっている情報はこれだけです。

<キャッシュレス還元事業の還元率>

  • 中小・小規模事業者での決済:5%
  • フランチャイズ店舗での決済:2%

今から発行するならクレジットカードはこの3つがオススメ

というわけでキャッシュレス還元事業に備えてクレジットカードを発行する、というあなたには、この3つのカードをおすすめします。

  • リクルートカード
  • 楽天カード
  • Yahoo!カード

個人的にはメインで使っているクレカとしてエポスカードゴールドを押したいところなのですが、今からエポスカードを発行したとしても、ゴールドへのランクアップには間に合わないので・・・

つちまる
つちまる
ノーマルカードってメリット少ないしね・・・

というわけでここからはこの3つのカードを紹介していきますね。

年会費無料なのに還元率1.2%!Pontaポイントにも交換できるリクルートカード

まず進めたいカードが、年会費無料にもかかわらず1.2%の高還元率を誇るリクルートカードです。

恐らく年会費無料のカードの中では最も高い還元率を誇るのではないかと思います。

決済額の1.2%がリクルートポイントとして還元されます。

リクルートポイントで利用できるサービス
  • じゃらん
  • Hot Pepperビューティ
  • ポンパレモール
  • Hot Pepperグルメ

「リクルート系のサービスはあまり使わないなぁ…」という人も中に入るかもしれませんね。

しかしリクルートポイントは、手数料なしでPontaポイントに交換することもできるのです。

これによってローソンや昭和シェルなど、ポイントを使う選択肢が大幅に増えます。

「特にこれといったサービスを拘って利用してるわけではない」という人におススメしたい1枚です。

リクルートカードを発行する

楽天市場で買い物すれば還元率以上の恩恵を受けられる、楽天カード

続いて紹介するのは、基本還元率が1%の楽天カード

楽天カードについては年会費さえ支払えばすぐにゴールドを使うこともできますが、楽天で年間10万円以上利用するような人じゃないと年会費分の元が取れないので、ここではノーマルランクのカードをおすすめします。

楽天初心者のあなたに最もふさわしい楽天カードとは??種類と特徴のまとめ「楽天を最近使ってみたんだけど便利だからこれからも使ってみよう」というあなたは、楽天カードの発行を考えていますよね? けどその楽天...

基本還元率は1%と、リクルートカードに比べるとやや劣るのですが、楽天市場で買い物をすることで3%にまで上がります。

ただし、楽天市場での買い物はキャッシュレス還元事業の対象外なので要注意。

とはいえ、恩恵無しで3%の還元率は魅力的なので、楽天カード所有者は還元事業とか関係なしに楽天市場で買い物するのは全然アリ

貯まるポイントが楽天スーパーポイントなので、キャッシュレス還元事業でザクザク貯めたポイントは、楽天系列のサービスでお得に使えてしまうのが魅力的ですよね。

楽天ポイントが使えるサービス
  • 楽天市場
  • 楽天トラベル
  • 楽天モバイル
  • 楽天でんき
  • 楽天証券
  • 楽天ビューティ
  • 楽天kobo

貯まったポイントは楽天でんきに充てて電気代節約にするのもよし、楽天証券でポイント投資に回すのもよし、あなたが使いたいところにポイントを回して支出を抑えることが出来るようになりますよ。

楽天カードを発行する

Tポイントをザクザク貯められる、Yahoo!カード

もう一つ捨てがたいカードは、還元率1%でTポイントを貯めることが出来るYahoo!カードですね。

特にYahoo!ショッピングやLOHACOなどといった、Yahoo!Japanのサービスであれば、常時3%のポイントが貯まります。

使う面においても、Tカードであれば色んな店舗で使えるので、利便性が高いのも良いポイントですね。

後述する、スマホ決済アプリのPayPayと合わせれば効果は抜群、より大きな節約効果が期待できますよ。

Yahoo!JAPANカードを発行する

他のクレカと組み合わせ可能、さらにポイント二重取りができるKyashは必須アイテム

最後にクレジットカードで紹介したいのがKyashというカード。

当ブログでも以前紹介しており、ぼくも重宝しているのですが、こちらは年会費無料にもかかわらず還元率2%という頭一つ抜けた数値です。

更にすごいのが、他のクレジットカードと組み合わせることで「Kyash還元分+合わせたクレカの還元分」と、二重取りできてしまうというところ。

つまり、Kyashとリクルートカードを組み合わせると、還元率が3.2%と、超高還元率にした状態で買い物ができるようになります。

つちまる
つちまる
これに加えてキャッシュレス還元事業で最大5%プラスだから、めちゃくちゃだよな
Kyashのお得な使い方とデメリットを解説!還元率を4%にすることもできる!?キャッシュレス生活のおかげで毎年15,000円お得に生活できています、つちまる@tcdtkhsです。 さてみなさん、Kyashとい...

2%還元には1か月間の上限額が12万円までと決められていますが、その範囲内であればガンガン使ってお得にできてしまうカードです。

Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ
Kyash(キャッシュ)- ウォレットアプリ
開発元:Kyash
無料
posted withアプリーチ

使いこなしておきたいスマホアプリ3つ

続いてはキャッシュレス還元事業で対象となるスマホ決済アプリを紹介します。

今回の事業ではクレカだけでなく、スマホ決済アプリも対象なんですね。

さらに、スマホ決済はクレカと組み合わせることもできるので、ポイント二重取りも出来てお得になるのです。

楽天経済圏利用者の必需品!楽天カードとも相性がいい楽天ペイ

楽天経済圏を利用されている方は既に使われているかと思いますが、楽天ペイはキャッシュレス還元事業での還元対象になるアプリです。

アプリ単体での還元率は0.5%(200円に月1ポイント)と、クレカには劣ります。

しかし楽天カードとの相性は非常に良く、不定期に開催されているキャンペーンでは楽天ペイと楽天カードを連携させることで楽天スーパーポイントが5%も還元されるのです。

ちなみにこのキャンペーン、2019/7/1~9/30まで実施されています。

つちまる
つちまる
キャッシュレス還元事業の期間に被せてくれたら、ウハウハなんだけど残念
ルリまる
ルリまる
キャンペーンと還元事業の組み合わせって虫が良すぎるだろ
楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
楽天ペイ –カード払いをアプリひとつで、楽天ポイントも使える
開発元:Rakuten, Inc.
無料
posted withアプリーチ
楽天ペイの使い方を徹底解説!お得な活用方法、特典についてまとめてみた【今なら5%還元も】スマホ決済にはいろいろなアプリがありますが、ぼくが一番使うスマホ決済は楽天ペイです。 楽天ポイントを普段から貯めていることもあり、...

地方の観光地でも使えるキャッシュレス手段のPay Pay、Yahoo!カードとの相性も良し

最大還元率20%キャンペーン、数多の人たちの家計簿を崩壊させた大いに話題性を読んだあのPayPayも今回のキャッシュレス還元事業の対象となっています。

これはぼくの印象ですが、スマホ決済の中で一番普及しているのがこのPayPayなのではないかと思います。

大都会の飲食店から地方のいかにも老舗のような食堂まで普及しているくらいですからね。

PayPayで決済することで後日PayPay残高に還元される形となっています。

還元率は0.5%と楽天ペイ並みですが、Yahoo!カードと連携させることで、還元率を3%にまで引き上げてくれます。

加えてヤフーカードでTポイントも貯まるので、実質4%と、かなりお得な買い物ができるようになります。

以前まではYahoo!カードと連携させることで最大20%と、破格な還元率のキャンペーンを打ち出していましたが、キャッシュレス還元事業の期間中はここまで大きなことはしないような気もします。

それでも4%というのは節約額としてかなり大きいので、Tポイントを貯めている人はYahoo!カードを発行した方がいいでしょう。

PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
PayPay-ペイペイ(簡単、お得なスマホ決済アプリ)
開発元:PayPay Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

誰もが持っているアプリで決済できるLINE Pay

もはやメッセ送信や通話したり、インフラと化しているLINE。

そのLINEが提供しているLINEPayもキャッシュレス還元事業の対象です。

還元率最強のLINEPayの使い方を徹底解説!機能からチャージ・決済までLINE Payを使いこなして安く買い物をしてみませんか? 最近はやりの決済アプリの一つでもあるLINE Pay、これ実は還元率と...

<LINEPayのランクの条件>

  • グリーン:前月の利用額が100,000円以上
  • ブルー:前月の利用額が5万円~99,999円
  • レッド:1万円~49,999円
  • ホワイト:0円~9,999円
つちまる
つちまる
LINEなら誰でもスマホにダウンロードしているから、手間は省けるよね

LINEPay唯一の弱点と言えば、2019/7/4時点においてはクレカとの連動が出来ないという点。

競合の楽天ペイやPayPayのように今後クレカとの連携が実現するのかは気になるポイントですが、クレカ決済が苦手な人は、まずはLINEPayから始めてみてはいかがでしょうか。

つちまる
つちまる
LINEPay単体の還元率も、他のツールに比べて頭二つ分くらい飛びぬけてるから、使っておいて損は無いでしょうね

クレカおよびスマホ決済の還元率一覧

この記事では様々なクレカ及びスマホ決済を紹介してきました。

というわけでひとまず、紹介したクレカやアプリの還元率を表にまとめてみました。

還元率 備考
リクルートカード 1.2% リクルートポイント
楽天カード 1.0% 楽天ポイント
Yahoo!カード 1.0% Tポイント
Kyash 2.0% クレカとの併用可能
楽天ペイ 0.5% 楽天ポイント
PayPay 0.5~3% Yahoo!カードとの連携で3%
LINEPay 0.5~2% 前月の決済額に応じて還元率が決まる

単体で見るとこんな感じですが重要なポイントは、これらは組み合わせることが出来るということですね。

ではどの組み合わせが最も高い還元率になるのか、紹介していきます。

オススメしたい組み合わせ

ここでおススメしたい組み合わせは以下の通り

  • 楽天ペイ×Kyash×リクルートカード
  • PayPay×Kyash×リクルートカード
  • PayPay×Yahoo!カード
  • 楽天ペイ×楽天カード(キャンペーン時)

楽天ペイ×Kyash×リクルートカードでポイント三重取りが出来る

まずお勧めしたいのが、楽天ペイで決済し、そこにKyashを連携させ、そしてそのKyashにリクルートカードを連携させるという重ね技。

ポイントが三重取りできて、トータルの還元率3.7%にまで上げることが出来ます。

還元率
楽天ペイ 0.5%
Kyash 2.0%
リクルートカード 1.2%
合計 3.7%

還元されたポイントが分散されてしまうのが悩みどころですが、還元率としては大きいので、トータルとして見るとかなりお得になりますね。

PayPay×Kyash×リクルートカードでもポイント三重取りをしよう

先述と同じような方法として、PayPayにKyashを連携させ、そしてそのKyashにリクルートカードを連携させることでも、トータル還元率3.7%を獲得することができます。

還元率
PayPay 0.5%
Kyash 2.0%
リクルートカード 1.2%
合計 3.7%

とくにPayPayの強みとしてはスマホ決済の中では最も普及しているので、先述の楽天ペイに比べると使いやすいのではないでしょうか。

相性のいいPayPay×Yahoo!カードで合計4%の還元率にすることも

PayPayにはKyashを連携させることで還元率を上げる方法もありますが、見逃せないのがYahoo!カードとの相性が非常にいいということ。

PayPayの基本的な還元率は0.5%ですが、Yahoo!カードを連携させることで、還元率を3%まで上がり、PayPay残高に付与されます。

還元率
PayPay 0.5%→3%
Yahoo!カード 1.0%
合計 4.0%

Yahoo!カードの還元率は1%(決済額100円ごとに1ポイント)なので、ポイント二重取りで4%にまでなるのです。

ちなみにPayPayの還元率3%については、Yahoo!カードのほかにもPayPay残高払い、Yahoo!マネーとの連携という方法もあります。

実はPayPay残高での支払いに置いてもYahoo!カードは欠かせないアイテムでして、PayPay残高にチャージできるクレジットカードは今のところYahoo!カードだけなのです。

つまりYahoo!カードでチャージした分もポイントが貯まるので、PayPayとYahoo!カードを連携させる時と同じ還元率を得られるのです。

PayPayとYahoo!カードを連携させることでPayPay残高に3%、Yahoo!カードのTポイント還元で1%の、合計4%も還元される

キャンペーンがあれば、より大きな還元率になる楽天ペイ×楽天カード

続いてKyashを噛ませない方法として、楽天ペイに直接楽天カードを連携させるという方法があります。

こちら、トータル還元率は1.5%とそんなに高くならないのですが、時々実施しているキャンペーンにエントリーすれば、普段よりもはるかに高い恩恵を受けることが出来ます。

例えば、2019/7/1より実施しているキャンペーンであれば最大還元率5%にまで上がり、Kyashを利用した時と比べても高くなります。

つちまる
つちまる
楽天ペイ×Kyash×楽天カードっていう方法もあるけど、キャンペーン期間中であればKyashを外した方がお得になるってことですね

ちなみに現在実施しているキャンペーンは消費税増税前日の9月30日に終了してしまうので、現時点においてはキャッシュレス還元事業中はどうなるか分からないのですが、

第三弾が実施される可能性も信じて、「こういうのがあるよ」という程度に頭に入れておいてもいいでしょうね。

まとめ

というわけでキャッシュレス還元事業の際に使える、最も高い還元率順に並べていきます。

決済手段 還元率 備考
1位 PayPay×Yahoo!カード 4% PayPay決済
2位 楽天ペイ・PayPay×Kyash×リクルートカード 3.7% 楽天ペイもしくはPayPayにKyashを登録、そのKyashにリクルートカードを連携

いろいろな組み合わせがあるものの、現段階ではPayPay×Yahoo!カードが最強という感じですね。

実際に一からカードを作るのであればYahoo!カードを発行、そこにPayPayを連携させるという方法が一番手っ取り早いでしょう。

といっても

読者
読者
いや、俺Tポイント使えるお店に行かないし

とか、

読者
読者
私の近所にPayPay使えるお店が無いんだよね

ということもあるので、あなたのライフスタイルに適したキャッシュレスを見つけ出すのが一番の節約となります。

つちまる
つちまる
ちなみにぼくは楽天ペイ×Kyash×エポスカード(ゴールド)です